FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

予定調和の経済原則を超えて―宮古島の新しい歩み

 大量生産・大量消費・大量廃棄の二十世紀から「自然と共生」しながら限りある資源・エネルギーを有効利用する「環境の世紀」二十一世紀における循環型社会の構築を目指して、宮古島市は「エコアイランド宮古島宣言」を行った

7月2日の宮古毎日新聞に、自由競争による予定調和という経済学の原則が現実に即していないことを踏まえた、宮古島の新しい目標についての記事が掲載されていますので、お伝えします。

経済学の原則を現実の島嶼社会に無理やり適用することの問題性を、島の人々が感じ始めているようです。宮古島の新しい歩みにこれから注目していきたいです。





大量生産・大量消費・大量廃棄の二十世紀から「自然と共生」しながら限りある資源・エネルギーを有効利用する「環境の世紀」二十一世紀における循環型社会の構築を目指して、宮古島市は「エコアイランド宮古島宣言」を行った。

その宣言を記念して、「ゼロエミッションフォーラムin宮古島2008」が二十九日に開催され、「エコアイランド宮古島」の実現に向けて、その理念と行動のための具体的構想について話し合いがなされた。

まず記念講演と基調講演で、地球温暖化の問題やゼロエミッション社会を目指す基本的な考えや事例等が紹介された▼

続いて「エコアイランド宮古島の将来を考える」パネルディスカッションが行われ、地下水の保全(化学肥料・薬品に依存しない農業等)、(廃棄物を0にする)ゼロエミッション、そのための教育・啓蒙活動、バイオエネルギーの開発(定性的な可能性だけでなく定量的な検討も必要)、自然と共にあるという価値観、エコツーリズムと観光とリンクできる健康な農業等の重要性が指摘された▼

小・中・高校生たちが頑張っている。海岸の清掃・ごみ拾い、省エネ(必要のないときの消灯)、みどりの育成、湧水の水質検査等の活動が紹介された。

「地球規模で考えて、足元から行動する」ことの実践である

▼自由競争のうちに社会の予定調和が守られ「神の見えざる手」に導かれて秩序が達成できるという考え(アダム・スミス)が成立しない現実に向き合っているという視点も忘れてはなるまい。

スポンサーサイト



<< 宮古島の岡部伊都子 | ホーム | 佐良浜中、追い込み漁に挑戦 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP