FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

韓国と琉球をつなぐ

友知さんも交流会に参加して下さいました。韓国の方々と意見交換をされていました。国境を越えて、人と人として意見交換し、互いの歴史や文化を学び合い、脱植民地化のためのネットワークをつくりたいと思います。
スポンサーサイト

<< 米軍基地撤去して平和を 植民地経済から自立的発展へ | ホーム | 琉球居酒屋での交流会 >>


コメント

植民地主義的隷属関係は、すべての琉球人の心根の尊厳を蝕んでいるのです

琉球人は琉球人である事を主張出来なくなって、心や精神の中に、膿が溜まってしまっている現状に早く気付かなければなりません。

どんなに地位や財力に恵まれるよりも、魂の治療を重視しなければ、幸福はやって来ません。

現実的には、物資欠乏状態の戦時体験世代ではなくなりつつあり、例えば、復帰ムードのどさくさ的主張は出来なくなりつつあります。

本当の不幸は、自分達自身が、琉球人、又は琉球文化圏出身である事は隠さなければ生きていけない事なのです。

ほんの少しでいいですから、重い口を開き、心に蓋する重荷を退ける事に関心を払ってみて下さい。
幸福は決して、お金では買えないのです。

「重い鎖を恐れて、軽い罠に逃げ込む」 ゲーテ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP