FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『沖縄島嶼経済史:一二世紀から現在まで』の紹介

 私が書きました『沖縄島嶼経済史:一二世紀から現在まで』を紹介したいと思います。
 
 本書は、藤原書店より2002年に出版されました。

琉球が歴史的・伝統的に生かしてきた「内発的発展論」と「海洋ネットワーク思想」の緻密な史的検証を通して、新世紀を迎えた今、基地依存、日本本土からの援助依存をのりこえて琉球が展望すべき新たな道を提言しました。


第1章 アジア型世界秩序における島嶼経済の位置付け(一二世紀~一八七九年)
(海洋と島嶼 中国型華夷秩序と琉球経済 日本型華夷秩序と琉球
琉球型華夷秩序の形成)

第2章 近代国家日本の中の沖縄経済(一八七九~一九四五年)
(近代沖縄における島嶼経済問題 近代沖縄社会の内発的発展 近代沖縄における経済思想)

第3章 米軍統治下の島嶼経済(一九四五~一九七二年)
(島嶼経済の問題とその解決策 復帰前の沖縄軍事基地と島嶼経済 米軍統治下における経済思想)

第4章 日本本土復帰と島嶼経済(一九七二~二〇〇〇年)
(復帰後沖縄経済の構造 本土復帰後における沖縄の経済思想 二一世紀に向けた沖縄経済発展のための政策提言)


2002/05/26朝刊書評
日本経済新聞

 一九七二年に本土に復帰して三十周年を迎えた沖縄。ここを芸術家の岡本太郎は「現代日本をながめかえす貴重な鏡」と表現した。

本書は、十二世紀の琉球王国時代から現代まで、絶えず外部の力に支配されてきた沖縄の歴史を掘り下げた「島嶼(とうしょ)経済史」でありながら、日本政治史、アジア史の広がりも持つ。

 沖縄の経済思想は日本とのかかわりを中心に展開される。復帰後、沖縄には七兆円近い振興開発事業費が投じられたが、米軍基地はそのまま残り、補助金依存の経済構造が強まった。

自前の産業が育たず、失業率が全国平均の約二倍という沖縄の現状は、この国の抱える様々な課題や矛盾を小さな島に追いやって経済大国路線をひた走ってきた「思考停止国家ニッポン」の姿をも映し出している。

 沖縄が基地依存、補助金依存を乗り越えて展望すべき新たな道として、沖縄の歴史・文化を生かして住民の自助努力で生産性を高める「内発的発展論」と、これまで培ってきた外部世界との経済的つながりを強化する「海洋ネットワーク思想」の二重戦略を提唱する。

 それでも著者は「沖縄経済自立のためのモデルは、この地球上に存在しないだろう」と指摘し、「問題の原因を常に外部に押しつけていたのでは、沖縄問題は永遠に解決しない」と説く。

沖縄の自立にはアイデンティティーの確立こそ重要と訴えている。

(C) 日本経済新聞社 1997-2001
スポンサーサイト



<< 琉球の今後 風土と文化生かす「自治」を | ホーム | 『琉球弧の精神世界』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


芸術家

芸術家での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。


【 経済史 】について最新のブログの口コミをまとめると

経済史に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。


( 経済思想 )についての最新のブログのリンク集

経済思想に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…


経済史 を一語で検索

経済史での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。


【経済史】についてのお得なブログリンク集

経済史 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…


ここは酷いCTSですね

活断層アメーバブックス 堺屋太一 ユーザレビュー:面白かったけれど・・ ...Amazonアソシエイト by CTSと呼ばれた石油備蓄基地建の反対運動に振り回されるエリートサラリーマンのどたばた 自民党の機関誌に連載されて30年以上封印されてきた作品である なんで封印され...


 BLOG TOP