FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宮古島の岡部伊都子

今年6月25日付けの宮古毎日新聞のコラムに、岡部伊都子さんについての文章が掲載されていましたので、お伝えします。宮古島の方も岡部さんにひきつけられていたことがわかります。





日本の美をめぐるエッセーや紀行文、平和や人権についての発言等で知られる随筆家の岡部伊都子さんが五月二十九日に亡くなった。享年八十五歳であった。

岡部さんは百二十冊余の著書を残している。最後の著書である語り下ろしで編まれた『遺言のつもりで』を読んでみた

▼岡部さんは二十歳のとき二歳上の見習士官木村邦夫さんと婚約する。木村は二人きりの時に言う。「この戦争は間違っている」、「こんな戦争で死にたくない」。

しかし軍国乙女だった岡部は「わたしだったら喜んで死ぬわ」と言ってしまう。そして日の丸の小旗を振って戦地へ送り出す。

「あの時代、私にだけしか言えなかった本音であり、愛の証しだったはずなのに」と岡部は思う▼

木村は中国から沖縄へ転属、首里で米軍の艦砲で両足をふっ飛ばされ、自害する。岡部の戦争を憎み平和を求める原点はここにあり「私は加害の女」だと生涯言い続けた▼

著書には命あるものへの慈しみ、弱いものへの温かい眼差し、優しさ、そしてそれらを脅かすものへの怒りが一貫して語られており、戦争や沖縄、差別や環境などの問題を鋭く追及している▼

印象に残る言葉を拾ってみる。「それぞれの人の中から詩が出てくる。それが文章だ」。「既成観念に従うことから解放される。自分が自分を変える、育てる」。「権力や金力のため歪む人の世界を情愛の世界に変えたい」▼

この本は次のことばで結ばれている。「いのちをともにした人の世のみなさま、お幸せに! おおきに」

スポンサーサイト



<< 沖永良部島の墓正月 | ホーム | 予定調和の経済原則を超えて―宮古島の新しい歩み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP