FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の墓正月

1月17日の南海日日新聞に、沖永良部島の「墓正月」についての記事が掲載されていましたので、お伝えします。

南琉球でも、日本を基準として琉球の文化を「合理化」するために、伝統的習慣をやめたことがあります。日本に画一化、同化するのではなく、地域独自の文化、風習を守っていくことも、自治の基盤になると思います。自治は生活と密着しています。





沖永良部島で十六日、伝統行事の「墓正月」があった。各家庭が集落の共同墓地で一重一瓶を囲み、祖霊とともに新年の到来を喜ぶ光景が見られた。

 知名町の田皆集落は午前中に墓参りを済ませるのが慣例。早朝から住民が次々と墓地に集まり、吸い物や白米、豆腐、菓子を墓前に供えた。

 タイモ料理などのごちそうに舌鼓を打ち、焼酎を酌み交わして歓談。この日に合わせて帰省した出身者も加わり、近況を語り合った。

午後は昨年中に不幸があった家庭に集い、祖先とともに新年を祝った。

 田皆集落は新生活改善運動に伴って墓正月が途絶えた時期もあったが、昔ながらの風習を残そうと復活させた経緯がある。

根釜ナツさん(84)は「一族が顔をそろえ、正月を締めくくる大切な行事。大みそかに迎えた祖霊と正月を過ごし、再び送り出す意味もある。祖先を敬う風習を大切にしたい」と話していた。
スポンサーサイト



<< 宮古島市の財政危機 1 | ホーム | 宮古島の岡部伊都子 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP