FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方: 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究』

『近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方: 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究』を照屋 信治さんから送っていただきました。みーふぁいゆー。本の構成は次のようになります。
一.本書の課題
二.研究の対象
三.先行研究の検討と本書の視点
四.本書の構成、限界、用語
第一章 日清戦争後における沖縄教育論の形成
第一節 新田義尊の沖縄教育論とその役割
第二節 新田義尊への対応
第三節 『琉球教育』の構成とその変化
第四節 「彙報」欄に映し出された沖縄社会

照屋さんとは私が早稲田大学の大学院生時代に所属した「先島クラブ」という学内サークルで、一緒に琉球に関する勉強会をし、ともに篤く、激しく、琉球について激論した学友です。照屋さんは文学部を卒業後、琉球の高校教諭となりましたが、研究に対する情熱に従って、京都大学大学院に進学し、そこでの博士論文をかきあげ、本書を出版いたしました。

緻密な文献分析により、既存の研究を批判し、新しい学説と、これまで注目されなかった琉球人を提示するに至りました。本書を読んでいますが、不思議なもので照屋さんと大学院時代に議論した時が思い出され、青春の息吹を感じることができます。今後、ともに琉球の新しい学問について議論していきたいです。
スポンサーサイト

<< 崇仁と琉球をつなぐ | ホーム | 多様性が活気を生み出す >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP