FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

人類館の公演

金城馨さんより、次のように東京、琉球での「人類館]公園のお知らせが届きました。
2003年に金城さんたちが人類館を大阪で上演しました。私も那覇高校時代に、体育館で人類館を見て強い衝撃を受けました。自分は何者であろうかと考えるきっかけになりました。





 津嘉山正種ひとり語り
 人類館(朗読劇)

 作=知念正真
 演出=菊地一浩
 
 沖縄公演
 上演日程:7月24日(木)・25日(金)
 沖縄市民小劇場あしびなー

 東京公演
 上演日程:7月31日(木)~8月3日(日)
 青年座劇場

「皆さん今晩は。本日は我が「人類館」へようこそおいでくださいました。史上初の、そして空前の規模で開かれます我が「人類館」は、世界中のいたる所で差別に遭い、抑圧に苦しみ、迫害に泣く人種、民族を、色とりどりに取り揃えてございます…」(戯曲『人類館』より)

知念正真作『人類館』は、1903年に大阪天王寺で開かれた内国勧業博覧会会場前に建てられた「学術人類館」において、琉球、朝鮮、アイヌ、台湾高砂族、インド、マレー、ジャワ、アフリカなどの人々を、民族衣装姿でそれぞれの住居に住まわせ、見世物として観覧させた事件、俗に言う「人類館事件」を題材に書かれたものです。

この学術人類館を舞台に近現代の沖縄の歴史と文化、とくに戦中・戦後の沖縄の姿を赤裸々に再現しています。

津嘉山は、ウチナーグチ(沖縄語)を駆使し、「陳列された男」「陳列された女」「調教師風な男」の三役を自由闊達に演じきります。

津嘉山正種が万感の思いを込めて語る 
沖縄の現実 歴史の事実 人間の真実

スタッフ

=知念正真

演出
=菊地一浩 

企画・演出協力
=津嘉山正種

照明
=広瀬由幸

舞台監督
=安藤太一

制作
=紫雲幸一


キャスト
出演
=津嘉山正種

スポンサーサイト



<< 神の道と開発阻止 | ホーム | どぅたっちライブ100回記念 トーク&ライブ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP