FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

神の道と開発阻止

本年1月11日の宮古毎日新聞に、島の信仰が開発を押しとどめているとの記事が掲載されましたので、お伝えします。すごいことだと思います。経済利潤よりも島の信仰を大切にするかたがたが島を守っていくのです。自治会が自治を発揮し、お年寄りの意見が尊重されている社会のほうが、若者中心につくられた都会よりも豊かであると思います。



 

 宮古島市が計画していた新葬斎場の建設地が「神の通り道に当たる」として、地元大浦自治会が同地での建設に反対を示したことで、市は新たな予定地を提示した。

今後、周辺住民に説明・同意を得て計画を進める方針だが、地元の「ツカサンマ」からまた異論が出ているという。

市では「地元住民を不安がらせて、建設を強行することはできない」と、地元との合意形成を強調している。神事行事が地域で重んじられていることが改めて浮き彫りになった同問題。市は「神」という人知を超えた存在にどう対処していくのか。一連の経緯をまとめた。(平良幹雄)

 「建設予定地の宮古南静園東側は、建設には不適当であり、予定地での建設には反対する旨を総会で決定しました」

 昨年十二月二十六日、大浦自治会は建設検討委員長を務める下地学副市長に同地での建設に反対する「意見書」を手渡した。

反対の理由として同地は「神の通り道に位置し神の聖域に当たる」と明記。「住民の総意」だとした。
 降ってわいたような「神の通り道」は、行政側にとってまさに「寝耳に水」。下地副市長は「地域住民の感情を逆なでするようなことになると、地域の融和にも影響が出る」と慎重に対応していく姿勢を示した。

◇ ◇ ◇
 「地域のお年寄り、ましてや神事をつかさどる人たちの言葉は絶対」。大浦に住む五十代の男性はこう話す。

 住民の中には「地域から離れているからいいのではないか」と、同地での建設を容認する人も少なくないという。

 しかし「お年寄りがいての地域であり、その人たちが反対なら誰でも面と向かっては反論できないはず」(五九歳、畜産業)

 他の地域から嫁いできたという主婦(49)は「お年寄りたちが、毎年地域の安全や五穀豊穣(ほうじょう)も祈願していることから今の大浦があると思う」と話す。

 大浦には、七カ所の御嶽(うたき)があり、七人の神に仕える神女がいるなど、神事行事が重んじられている地域として知られている。「地域のユタやツカサンマたちの言葉は重みがある。絶対服従で憲法と同じくらいだ」(同)
◇ ◇ ◇

 「ユタの言葉を重点に考えて行政を行っているのではないか」と市の対応に首をかしげる一部の市民もいる。

 下地副市長は「ユタが言っているから建設予定地を変更しようとしているのではない」と、あくまでも地域住民の合意形成を図っている状況だと強調している。

 伊志嶺亮市長は「神の通り道」の意見書を受け、昨年「大浦地区の住民たちと再度、話し合いを持ちたい」と述べている。市では、当初予定地から北西に約二百㍍離れている新たな候補地についても、周辺住民に説明会を開いて理解を得ていく考えだ。
◇ ◇ ◇

 ただ、新たな候補地についても、当初予定地と同様に「神の通り道にかかわっている」という話が地元の一人のツカサンマから持ち上がっているという。地元の人は「一人でも反対する人がいるのは、好ましくない。今後、住民説明会さえも開けるかどうか」と話す。

 葬斎場は現在、宮古島本島では民間一カ所のみが運営している状況で、建設から二十四年が経過するなど施設の老朽化が著しい。新葬斎場は市民らからも早急な建設が望まれており、市の喫緊の課題となっている。

 「神の通り道」という目には見えないことが反対の理由とあって、市はどう対処していけばよいのか、解決策が見いだせない状況だ


スポンサーサイト



<< FM宇検の開局計画 | ホーム | 人類館の公演 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP