FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アート・検閲、そして天皇「アトミックサンシャイン」 in 沖縄展が隠蔽したもの

富山大学の小倉先生から沖縄県立美術館検閲抗議の会編『アート・検閲、そして天皇「アトミックサンシャイン」 in 沖縄展が隠蔽したもの』という御本を送って頂きました。

2009年4月11日から5月17日にかけて開催された沖縄県立博物館・美術館主催「アトミックサンシャインの中へin 沖縄─日本国平和憲法第九条下における戦後美術」に展示予定だった大浦信行の連作版画作品《遠近を抱えて》が、沖縄県立博物館・美術館の牧野浩隆館長の一方的な判断によって、企画段階で展示を拒否されるという事件が起きたが、本書は、この展示拒否に対する抗議運動に取り組んできた記録です。

美術家・批評家・市民などによる、アートという制度と検閲をめぐるものです。小倉先生とは、先月、韓国に行き、色々と議論し、学生を含めてお世話になりました。心より感謝します。
【目次】
〈序にかえて〉ふたつの検閲をつなぐもの………小倉利丸
 
    大浦信行《遠近を抱えて》
[第1部]「アトミックサンシャイン」沖縄展の検閲に抗議する!シンポジウム
    「九条」企画の質が問われた………大浦信行
    もっともっと対話が必要………比嘉豊光
    「サンシャイン」と「シャドウ」………徐京植
    「わたしはわすれない」………白川昌生
    問われる「自画像」………鵜飼哲
    《遠近を抱えて》・天皇制・沖縄………針生一郎
    沖縄の現実を知らなすぎる展覧会………比嘉豊光
    沖縄の現実に抗う表現………新垣安雄
    逆説の鈍色に映えてくるもの………仲里効
    感情論と制度論を超えるもの………宮田徹也
    生かされなかった「経験」………太田昌国
[第2部]検閲問題とその周辺
 
    シンボルとしての身体、皮膚としての天皇………古川美佳
    「アトミックサンシャイン」沖縄展対抗アクションの意味……武居利史
    沖縄県平和祈念資料館「展示改ざん事件」との関連性………石原昌家
    「大浦信行展」を終えて─なぜ、沖縄で《遠近を抱えて》なのか………上原誠勇
    《遠近を抱えて》の遠景と近景─戦後美術における天皇表象………北原恵
    天皇陛下と死刑囚……八鍬瑞子
    アメリカと日本と沖縄と男の体………嶋田美子
    公共美術館と私たち………細谷修平
    カミサマの写真は不快か?………大榎淳
    天皇(チン)は玉(タマ)である─天皇及び天皇制をめぐる雑感………桂川寛
    元戦場カメラマンの視点………石川文洋
    排除事件の構造─「アトミックサンシャイン」沖縄展と「石川文洋写真展」………小林純子
    美の治安─沖縄県立美術館という人類館をめぐって………新城郁夫
[第3部]緊急アートアクション2009 出品作・パフォーマンス・トーク
    緊急アートアクション2009 参加作家と出品作について………古川美佳
    緊急アートアクション2009 パフォーマンスについて……古川美佳
    緊急アートアクション2009 ギャラリートークについて……井口大介
    〈トーク1〉キュレーターの権限と権力………遠藤水城×暮沢剛巳
    〈トーク2〉アートと公共性………藤井光×清水知子
    〈トーク3〉「文化の冷戦」と美術運動………池上善彦×友常勉
    〈トーク4〉美術館の二重性とキュレーターの二面性………堀浩哉×毛利嘉孝×井口大介
    〈トーク5〉丸木夫妻の「原爆」と「沖縄」………小沢節子×小倉利丸
    〈トーク6〉「自己点検」されるべき天皇制………金城実×古川美佳
    〈トーク7〉表現と規制をめぐって………大西赤人×遠藤裕二
    〈トーク8〉問われる美術の「戦後」と「制度」………アライ=ヒロユキ×宮田徹也
    〈トーク9〉美術界閉塞、どう打開するか………日夏露彦×金山明子×桂川寛
    〈トーク10〉「大浦問題」が衝いた日本美術の問題性………大浦信行×針生一郎
スポンサーサイト

<< 加速化依存症ー疾走/焦燥/不安の社会学 | ホーム | 琉球の公設市場でアジアを感じる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP