FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

加速化依存症ー疾走/焦燥/不安の社会学

中京大学のましこ・ひでのり先生から『加速化依存症ー疾走/焦燥/不安の社会学』というご著書を送って下さいました。心より感謝申し上げます。ましこさんとは、大学院時代に野村浩也さんなど20名の大学院生等で沖縄関係学研究会で琉球に関する共同研究をしたことがあります。心して読ませて頂きます。
凡例≒構成と注意 7
はじめに 9
1章 加速化のとまらない現代 11
  1-1 高速移動と情報化社会のもたらしたもの 12
  1-2 「時間泥棒」はどこにいる? 24
  1-3 加速化社会のもたらした「ヒマ」 32
  1-4 死ととなりあわせの超合理化圧力 36
2章 おおきく、おもたく、永続しようとする存在から、ちいさく、 かるく、流動消失しようとする存在へ 39
  2-1 軽薄短小で流動化した社会 40
  2-2 インターネット時代の含意 45
  2-3 コンピューターによる労働力の不要化 50
  2-4 マクドナルド化の普遍化 56
  2-5 誇示される時間的ユトリと格差社会 60
3章 「待子サン」たちの時間:加速化のなかのジェンダー変容 63
  3-1 「常時臨戦的待機モード」というポジション 64
  3-2 主婦層=有閑層という敵視・非難 68
4章 「おれさま」意識(ジャイアニズム)と、「せかす」圧力 83
  4-1 道路網の実質「自動車専用道」化にみる「先着順」競争の欺瞞性・ 偽善性 84
  4-2 被害者意識としての被阻止感の心理メカニズム:圧迫感と省時間意識 91
     4-2-1 「人生のインフレ」がもたらす「充実度競争」のひろがりと心理的圧迫 91
     4-2-2 「ながら」?「ザッピング」?「マルチタスキング」?「はやおくり」 92
     4-2-3 「多忙依存症」の伝染 93
     4-2-4 「ときはカネなり」意識の自己目的化=倒錯性 94
     4-2-5 「せかす」圧力につきうごかされる心理メカニズム 97
     4-2-6 「時間世界の平準化」 98
     4-2-7 「孤独なランナー」たちの焦燥感と「でおくれた感」 102
     4-2-8 「カラダが資本」意識と「リラクゼーション産業」 106
5章 スピード感への耽溺現象の人類学 111
  5-1 疾走がもたらす興奮の誘因 112
  5-2 前方からの圧迫感 115
  5-3 「おもたい」という心理メカニズム 115
  5-4 「輸送力」幻想のひろがり 117
6章 「ユックリズム」の含意とゆくえ 121
  6-1 家電製品など利便性の実現 122
  6-2 加速化社会の反動としての減速志向 125
  6-3 「修行」としての清掃活動 128
  6-4 「修行(?)」としての禁固刑 134
  6-5 「リゾート」志向の心理メカニズム 136
  6-6 アニメ『サザエさん』のマンネリズムの含意 138
7章 つかいきれない速度:大量生産・高速輸送がもたらす飽和と大量廃棄 141
  7-1 技術革新がもたらした過剰生産・市場飽和 142
  7-2 「未消化」のままふえつづける商品 146
8章 人材のマクドナルド化:新兵補充と「リストラ」 151
  8-1 「人材」「有用動物」の過剰生産と大量廃棄 152
  8-2 ひとづくりの、ムリ・ムダ・ムラ 154
  8-3 コンピューター化社会が加速した「人材」のマクドナルド化 157
  8-4 ひとづくりのマクドナルド化 158
9章 「自然」とマクドナルド化など加速化社会 163
おわりに 加速化をやめようとしない社会とその限界 169
スポンサーサイト



<< 福州園で琉球と中国との関係を考える | ホーム | アート・検閲、そして天皇「アトミックサンシャイン」 in 沖縄展が隠蔽したもの >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP