FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

学問として琉球独立を議論する R’s Focus vol.6 【松島泰勝・龍谷大教授】



学問として琉球独立を議論する R’s Focus vol.6 【松島泰勝・龍谷大教授】

 住民の自己決定権を重視し、基地のない琉球へ―。日本の1%の人口の沖縄には、74%の米軍基地が存在している。「本土の人々は同情するが、痛みをわけようとはしない」と松島泰勝龍谷大・教授は話す。現状として、沖縄の人々が米軍基地に代表される様々な負担から解放されるには独立のレベルまで話を進めないといけないのかもしれない。松島教授は、学問として琉球独立を研究し、人々に訴える。

 松島教授は沖縄県の石垣島で育つ。大学進学とともに上京。院生時代には、グァムやパラオなど太平洋の島々を調査。中でも一年間過ごしたパラオでの経験が今の琉球独立を提唱するきっかけとなった。パラオは1994年にアメリカから独立を果たし、国連にも加盟している国家だ。人口は2万人。そのパラオは国連から承認を受け、国民投票によって平和的に独立を決めた。

そのパラオの歴史や姿を見て、琉球も住民の自己決定権を重視した独立の選択は可能なことではないかと考えた。
 今年5月には「琉球民族独立学会」を設立。年2回の学術会議を開き、琉球独立を前提に、独立の過程や方法、独立後の憲法・経済・教育等について議論し研究を積み重ねていく。同学会は、政治的な政党としての活動は行わない。独立を考える一つの学問として位置づけている。国際法、政治学、経済、国際関係など様々な側面から沖縄、世界の島々に目を向けて国際的なネットワーク作りにも努めている。

 国連は日本の「沖縄への基地押し付け」に対して、「人種差別」ではないかと勧告を出している。日本政府は今のところそのことに対して声明はだしていない。また、尖閣問題を含めた、近隣諸国との関係について、「中国や台湾は、尖閣諸島とセットで沖縄を捉えている。

しかし、どこかの国のものにしようと言う考え方が西洋の植民地政策的であり、争いの引き金になりかねない、アジアは共生共存の文化を築くべきだ。」と松島教授は話した。台湾では国のトップの研究員が集まり40年ぶりに沖縄の政治的地位を議論するシンポジウムが開かれた。日本からは松島教授らも参加し、日本以上に高い関心を持った学術会議に刺激を受けた。

 今後は大衆への関心や注意を引き付けていくことが課題だ。「独立問題をたたき台として、より多くの人々との批判を含めた議論をしながら考えを深めていきたい」と松島教授は述べた。
 文:小林泰斗
スポンサーサイト

<< 京都発、センバツ大高エール―碇山さん(徳之島出身)、松島さん(石垣島出身) | ホーム | 福州園で琉球と中国との関係を考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP