FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

京都発、センバツ大高エール―碇山さん(徳之島出身)、松島さん(石垣島出身)

3月 24日の南海日日新聞に私のインタビューが掲載されました。声を届けて下さった久岡記者にお礼申し上げます。



京都発、センバツ大高エール―碇山さん(徳之島出身)、松島さん(石垣島出身)

 選抜高校野球大会で大島高校と対戦する龍谷大平安高校の地元・京都からも大島高校と奄美に熱い視線を送っている人々がいる。京都西陣織工業組合の碇山俊光専務理事(77)=徳之島町出身=と、石垣島生まれで龍谷大学(京都市)の松島泰勝教授(50)だ。碇山さんは「大島高校は島の希望」と喜び、松島さんは「同じ琉球人として応援したい」と話している。

 碇山さんは大島高校7回卒。高校を卒業して京都に出てくるとき、両親に言われた。「島の心を忘れるな」。碇山さんは両親との約束を守った。古里を離れて60年近くがたった今も徳之島の言葉を流ちょうに話し、島唄も歌う。「シマが好きだから」

 西陣は奄美の本場奄美大島紬とも縁が深い。大島紬のアンテナショップを開設し、新分野進出も後押しする。「奄美には大島紬をつくるきれいな心と技がある。奄美の魅力が凝縮されている。その奄美で育った子どもたちが甲子園に出場する。相手は戦前からの超名門。勝てば金星。負けても大きな拍手を送りたい」と話した。

 松島さんは琉球人の立場で大島高校に熱い視線を送る。今回は沖縄の2校(沖縄尚学、美里工業)と合わせて琉球弧から3校がセンバツ出場を果たした。「応援できる琉球の高校が増えてうれしい。若い琉球人が力を付けていることを示した。琉球人の力を全国に発信してほしい」とエールを送る。

 松島さんが大島高校を応援する理由がもう一つある。3年前、ゼミの学生と奄美大島を訪れたとき、学生が名瀬の商店街で同校の生徒にインタビューした。「生徒たちの言葉から、自分たちの生まれ島に対するこよない愛情が伝わってきた」からだ。

 「日本全体の琉球人が大島高校を応援するだろう。私も心の柱となっている琉球の高校を応援してきた。琉球人の応援を背に頑張ってほしい」(松島さん)
スポンサーサイト

<< 民際学の目指すところ | ホーム | 学問として琉球独立を議論する R’s Focus vol.6 【松島泰勝・龍谷大教授】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP