FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FM宇検の開局計画

本年4月30日の南海日日新聞に宇検村で、来年12月にFM局が開局するとの記事が掲載されていましたので、ご報告いたします。
麓さんのFMあまみの放送もされるようで、奄美大島のさらに広い地域において番組を聞くことができて大変いいことだと思います。中央のメディアの放送をうけるばかりではなく、自分たちの意見、文化を発信していく大変、重要な試みです。村の自主番組も聴きたいです。

着実な村の自治の歩みに期待したいです。 



宇検村は二〇〇八年度、コミュニティーFMの開局に向けて動き出した。老朽化した防災行政無線に代わってラジオを活用しようとの試みで奄美初。

奄美市名瀬で放送中の「あまみエフエム」(ディ!ウェイヴ)とも提携する。村側は本年度、放送施設の改修などを進めた後、来年十二月の放送開始を目指している。

 コミュニティーFMは防災行政無線の老朽化に伴い、発案した。既存の設備は一九九一年に導入、村内全世帯に屋内受信機と屋外受信機十八機を設置した。その後、十七年が経過し、屋内受信機の故障や破損が続出。現在、どの程度稼働しているのか分からないのが実情。

 屋内受信機は一機当たり五万円程度。同村は約一千世帯だから、受信機をすべて更新すると、それだけで五千万円かかる。さらに、前述したようなメンテナンスの問題もある。

「メーカー側も十年を過ぎると対応できない」(村総務課)との事情もあり、屋内受信機の代わりにFMラジオを使うことを企画した。

 事業は(1)防災行政無線の更新(2)ラジオ局整備―の二本立てで進める。本年度は一億六千万円をかけて、役場内の放送施設と、村内の屋外受信機十八機を改修、更新。

来年度は▽ラジオの送受信施設の整備▽受信機(FMラジオ)の購入、配布▽住民説明会―などを計画している。

 ラジオは通常時は「あまみエフエム」の放送を流す。周波数は同じ77・5MHzとし、村側の定時放送や緊急放送の際は割り込むように設定する。

ラジオだけでなく、既存の屋外受信機も稼働させ、緊急時や集落の連絡などがスムーズにできるよう配慮する。

 事業を企画した村総務課は「お年寄りは畑やゲートボール場に行く時、ラジオを持っていく人が多い。あまみFMは島唄も放送している。

住民から『放送を聞けるようにしてほしい』と要望も強かった」「役場の放送だけでなく、議会中継や自主制作などいろいろな活用が期待できる」と話す。

コミュニティー局開局に向けて近くNPOを立ち上げる計画だ。

 “FM宇検”開局に向けて國馬和範村長は「安全安心の村づくり、定住促進にも役立てたい。若者たちのアイデアを取り入れた自主番組にも期待している」と述べた。
スポンサーサイト



<< 西浜楢和さんの沖縄戦についてのコラム① | ホーム | 神の道と開発阻止 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP