FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

波の上ビーチ

波の上ビーチです。私が那覇中学の生徒の頃、柔道部の部員でした。毎週のように学校から走って波の上に来ました。その当時は、水上住宅があり、今のようなビーチはありませんでしたが、海は当然あり、皆で海で泳いで汗を流しました。

その当時と比べると海はとても奇麗ですが、水上住宅に住んでいた方々は今どうしているのかと気になります。お二人の大学院生も白い砂と海に近づき、海の香りに喜んでいたようでした。小さな子供2人が裸になり、泳ごうとしていましたが、さすがに寒く、泳ぐのを諦めていました。
スポンサーサイト



<< 歴史が現在においても生き続けていることを感じ取れるかどうか | ホーム | ブログのタイトルを変えました >>


コメント

ACSILsのツイッター公式アカウントをつくってはいかかでしょうか? 松島教授個人のフェイスブックアカウントだけでなく、いち組織としてのアカウントを、利用者数の多いフェイスブックとツイッターの両方でつくるだけでも、ACSILsの存在を広く伝えることができると思います。特に若者層はSNSを利用している人が多いので、若い琉球人に、ACSILsのような琉球民族の権利の為に研究・活動している組織の存在を伝えることにおいてかなり有効かと。

Re: タイトルなし

首里人様

貴重なご提案、感謝します。FBには学会のページがあります。以下のアドレスをご参照ください。
ツイッターも良いアイデアですね。共同代表で検討してみます。みーふぁいゆー。



https://www.facebook.com/acsils?ref=hl&ref_type=bookmark

松島泰勝



> ACSILsのツイッター公式アカウントをつくってはいかかでしょうか? 松島教授個人のフェイスブックアカウントだけでなく、いち組織としてのアカウントを、利用者数の多いフェイスブックとツイッターの両方でつくるだけでも、ACSILsの存在を広く伝えることができると思います。特に若者層はSNSを利用している人が多いので、若い琉球人に、ACSILsのような琉球民族の権利の為に研究・活動している組織の存在を伝えることにおいてかなり有効かと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP