FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

韓国語文化研修短期キャンプ

韓信大学の朴さんから韓国語文化研修短期キャンプのお知らせを頂きましたので、ご紹介します。

韓国語 文化研修 短期 キャンプ(2週間) 韓信大学 韓国語 文化研修 短期 キャンプの特徴
I. 体系的な韓国語教育実施 II. 五感旅行韓国文化探訪の機会
専門講師陣の体系的な韓国語学習と韓国訪問 韓国の伝統が感じられる多様な文化体験ととも 期間中に活用可能な韓国語教育実施。 に五感を通じて韓国に接する韓国旅行の機会。
III. 韓国の精神文化理解の場
IV. 参加者たちとの交流の場
韓国精神文化の根となる儒教、仏教、道家の精 神を通じて韓国の精神と文化遺産を深く理解。
キャンプ参加者と韓信大学学生たちとの交流を 通じて様々な国の文化に接し文化交流を通じて 国際的マインドを育てる機会。
韓国語文化研修短期キャンプの構成

韓国語の授業や実習 (09:00~12:00)
韓国文化紀行 文化体験 団体プログラム
午後
体験学習(選択事項) (14:00~15:30)
※ 午後、韓国文化の特講/体験学習は受講人員が少ない場合、調整されることがあります。
▷ 韓国語文化研修短期キャンプの日程 8月10日(日曜日)~8月23日(土曜日) 13泊14日
▷ 教育の場: 韓信大学
▷ 宿泊場所: 韓信大学の寮
主管: 韓信大学国際交流院
韓信大学国際交流院 447-791 京畿道烏山市韓信大路 137 TEL: 031-379-0210~0212, 0214, 0215 FAX: 031-379-0213
EMAIL: interedu0901@hs.ac.kr www.hs.ac.kr


伝統市場体験
映画鑑賞
世界遺産-水原華城
ソウル自由旅行計画
ソウル自由旅行
映画鑑賞
K pop ダンス教室
南道ヒーリング旅行(1泊2日)
修了式
帰国
趣と風流の故郷南道への招待!!1泊2日南道旅行
12
南道ヒーリング旅行

全州韓屋村
1 全州韓屋村踏査
2 全州ビビンバ作り体験 3 茶道体験
4 全州韓屋生活体験館 5 全州パンソリ公演観覧
678
6世界5代沿岸湿地 順天湾自然生態公園 7順天湾自然生態公園ススキ道 8順天湾国際庭園博覧会 ※プログラムの日程は現地の事情によって修正変更される場合があります。
韓信大学
韓国語 文化研修 短期 キャンプ
韓国語文化研修短期キャンプ参加費
2週間コース
合計 金額
韓国語教育時間3時間X7日 21時間 宿泊(食費を含む) 14日 午後、体験学習プログラム 10日
航空チケットと旅行者保険は、個別購入および加入を原則としています。
70万ウォン
(航空費及び 旅行者 保険金は含まない)
♣団体派遣の際の規模と要請事項によって、コスト及び日程調整が可能です。
★プログラム内容は現地の事情によって変更修正される場合があります。
申請の案内
▣ キャンプの日程: 8月10日(日曜日)~8月23日(土曜日) 13泊14日 ◎ 教育の場:韓信大学、宿泊場所: 韓信大学の寮
▣ 申請 期間 : 6月末まで(郵便及び電子メール受付)
◎ お問い合わせ : 韓信大学国際交流院
◎ 電 話 : 82+31+379-0211(英語), 0214(中国語), 0215(日本語) ◎ 注 所 : 447-791 京畿道烏山市韓信大路 137
◎ 電子メール: interedu0901@hs.ac.kr
韓信大学国際交流院 447-791 京畿道烏山市韓信大路 137 TEL: 031-379-0210~0212, 0214, 0215 FAX: 031-379-0213
EMAIL: interedu0901@hs.ac.kr www.hs.ac.kr
スポンサーサイト

<< 沖縄の教師像ー数量・組織・個体の近代史 | ホーム | 日米の植民地支配に抗う琉球民族 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP