FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄の教師像ー数量・組織・個体の近代史

キリ学の照屋さんから藤澤健一編『沖縄の教師像ー数量・組織・個体の近代史』榕樹書林という御著書をいただきました。みーふぁいゆー。照屋さんの論文も共著者、共同研究員として掲載されています。私も一人の教育者として近代琉球の教師について考えてみたいです。
スポンサーサイト

<< 「発見の法理」と「支配の枠組み」を探求するー国連「予備的研究」報告書の分 | ホーム | 韓国語文化研修短期キャンプ >>


コメント

沖縄は学校教育によって本来の在り方を歪められて来た

学校の教師は、先頭に立って同化主義を邁進させて来た。

口だけ言うのは、誰でも言える。

現実に直面するのは、教え子達の方なのである。

今日まで琉球は、植民地主義的隷属性を、他ならぬ教育の現場から叩き込まれて来たのである。

日本人の日の丸君が代問題よりも、実は根の深い問題なのかも知れない。

琉球は縄文によって救われ、命拾いしている。


与那覇 龍郎

琉球人の外向的な誇り高い向学心を歪めて来た沖縄の教育現場

負け犬根性を押し付けがましく生徒達に叩き込み、日本人の鳥かごの中の灰色の自尊心を植え付けている沖縄の教育の現状。

琉球らしいしたたかなる独創性は、お蔭さまで片隅に追いやられている。

琉球魂は去勢されてしまった。

どのような内容の書物か、まだ読んでないのでわからないので、感想は言えませんが、琉球から縄文の連続性をなくしたら、単に外のいいなり人種を育てる危険性は特に強い。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP