FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球前沿問題高端対話論壇

5月10日から14日まで、北京に行ってきました。北京大学におきまして『戦略と管理』雑誌社、北京大学歴史学系、北京市中日文化交流史研究会主催の琉球前沿問題高端対話論壇は2日間にわたって行なわれ、琉球の歴史、政治経済等について中国の琉球研究者と議論してきました。

自由、平等な立場で議論し、中国人研究者が琉球の大国からの自立性、独立性を前提に報告していたのが印象的でした。琉球からは大田元知事、川満信一さん等も参加し、親しく交流することもできました。

琉球人の留学生が学んだ国子監に行くとともに、通州にある琉球人墓地跡に行き地元の研究者からお話を伺うととともに、線香と泡盛で慰霊祭を行ないました。川満さんが琉球人のマブイに呼びかけるように自らつくった漢詩を朗読して下さいました。

北京は初めての訪問でしたが、頤和園、景山公園、天安門広場、国家博物館等を巡り、過去、現在の北京や中国と琉球との関係について考えることができました。「琉球学」を提唱され、本会議開催に大変なご尽力をして下さった徐勇先生に心よりお礼申し上げます。

また北京大学大学院で琉球救国運動を研究されている大城さんや、中国人大学院生にもアテンド、通訳等で大変お世話になりました。みーふぁいゆー。
スポンサーサイト

<< 第4回『琉球独立への道』読者会(ゲスト:著者・松島泰勝さん) 5月26日(月)午後7時~ | ホーム | 琉球の自己決定権 ~独立へ向けて~」 >>


コメント

『琉球独立学研究』はいつごろ出版・発売予定なんでしょうか。
また、一般の書店などで販売する可能性はあるのでしょうか。
琉球独立学を研究したい若いウチナーンチュとして、非常に興味を抱いております。

Re: タイトルなし

首里人さんへ


お問い合わせ感謝します。
『琉球独立学研究』は8月中には発刊する予定です。
一般の書店で販売する計画はありません。
学会会員への配布を原則とし、関連団体・研究機関への配布、琉球内の大学図書館や各地域図書館などでの閲覧を計画しています。首里さんは学会の会員ですか。
また独立学会の存在および琉球独立の研究成果を世に広げていくために、電子書籍化も目指したいと考えています。
学会誌の発刊等については、学会HPで随時お知らせしますので、HPもご確認下さい。

松島泰勝




> 『琉球独立学研究』はいつごろ出版・発売予定なんでしょうか。
> また、一般の書店などで販売する可能性はあるのでしょうか。
> 琉球独立学を研究したい若いウチナーンチュとして、非常に興味を抱いております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP