FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西浜楢和さんの沖縄戦についてのコラム②

『沖縄タイムス』2008年7月10日付
沖縄戦は何故「国民の記憶」とならないか(下)
―「捨て石」感情今も継続  変革にヤマトゥ無自覚

 戦争の記憶について、子安宣邦は、「戦争の暗部を隠蔽し、その過去の<書き換え>を求める国家と、過去と和解しつつ、無意識に過去の暗部を忘却のうちに置こうとする平和主義的国民とは、あえていえば戦後意識における同罪的な構造を形成してきた」(『現代思想』1995年1月号)と述べている。

◆ 本 土 進 攻 ひ き 延 ば し

筆者は、この国民の中にウチナーンチュは含まれないと考える。

何故なら、45年から72年までの27年間、ウチナーンチュはヤマトゥ(日本)国家から切り捨てられ渡航も自由にできなかったという現実とともに、もっと本質的にはウチナーンチュは、「過去と和解しつつ」、「過去の暗部を忘却のうちに置」けなかったからである。

だからこそ、国家が「過去の<書き換え>を求める」のに対してウチナーンチュはそれを認めることはできないのである。

 沖縄戦は、米軍の本土進攻をひき延ばすための捨て石作戦であった。「捨て石」とは何か?
「すぐには役立たないが、将来に備えてする行為」、「将来、または大きな目的のために、その場では無用とも見える物事を行うこと」とある。

沖縄戦に勝ち目はないが、将来の本土決戦、国体(=天皇制)護持に備えてする行為、将来のヤマトゥのために、または国体護持という大きな目的のために、その場では無用とも見える沖縄戦を行うことだ。

他者を「捨て石」にすることは差別である。だから、この「捨て石作戦」は、ヤマトゥによる沖縄差別(政策)であった。

◆ 民 衆 を 守 ら な い 軍 隊

 それ故、沖縄戦から導きだされたとして人口に膾炙している「軍隊は民衆を守らない」という教訓は掘下げる必要がある。

沖縄戦で引き起こされた歴史的事実は、「ヤマトゥの軍は住民を守らなかったどころか死に追いやった」ということであり、より正確には、「ヤマトゥの軍隊はウチナーンチュを虐殺し、(強制集団)死に追いやった」ということだ。

歴史に仮定はないが、本土で沖縄戦のごとき地上戦が展開されていたなら、ヤマトゥの軍隊は、ウチナーンチュを虐殺したようにヤマトンチュを殺したであろうか。疑問を禁じ得ない。

沖縄戦後、「沖縄人がスパイを働いたから友軍は負けた」という情報は早くからヤマトゥに流されていた。

一方で、ヤマトゥの軍によるウチナーンチュに対する蛮行(住民虐殺、強制集団死、壕追い出し、食料強奪等々)は隠ぺいされた。これは、語るにはあまりにも辛い戦争体験を経たウチナーンチュを逆利用することによって可能となった。

◆ 検 定 意 見 放 置 は 怠 慢

例えば、昨年9月29日の県民大会で、県民へのアピール(開会のあいさつ)として詠まれた次の詩は、「国民の記憶」へと、怒りを孕みながら希求するものである。

砲弾の豪雨の中へ放り出され/自決せよと強いられ
死んでいったうちなーんちゅの魂は
怒りをもって再びこの島の上を さまよっている

いまだ砲弾が埋まる沖縄の野山に/拾われない死者の骨が散らばる
泥にまみれて死んだ魂を/正義の戦争のために殉じたと

偽りをいうなかれ
歴史の真実をそのまま/次の世代へ伝えることが
日本を正しく歩ましめる

歪められた教科書は/再び戦争と破壊へと向かう
沖縄戦の死者の怒りの声が/聞こえないか
ヤマトゥの政治家・文科省には届かないか

届かなければ/聞こえなければ
生きている私たちが声を一つにして/押し上げ/訴えよう

「捨て石作戦」は過去だけではなく、現在まで継続している。戦争のできる国になるために、または大きな日米同盟のために、在日米軍基地の75%を沖縄に押し付けて、沖縄はヤマトゥの捨て石と今もされているからである。

この現状を変革することにヤマトンチュが自覚的にならなければ、苦闘する沖縄と出合うことはできない。

 去る3月28日、大江・岩波沖縄戦裁判で大阪地方裁判所(深見敏正裁判長)は、被告側勝訴の判決を言い渡した。

これにより文科省の検定意見の根拠は潰えたといえる。なぜなら、原告の陳述書が検定意見の根拠の一つとなっており、判決はそれを明確に否定したからである。

ところが、文科省は、「最終的な司法の判断が出ていない。現段階で何も言えない」(4月16日の県民大会実行委員会の要請に対する池坊保子副大臣の回答)と述べ、事実上拒否する姿勢を示している。

原告が控訴したことで今も係争中であり、文科省としては現時点で対応することは適切でないとの判断なのだ。

その論理に当てはめれば、結論が出ていない裁判での意見陳述を検定意見の根拠の一つにしたこと自体、適切ではなかったことを自ら認めたことに等しいのである。

 こうした文科省(すなわちヤマトゥ政府)の不条理を許したまま放置するのであれば、ヤマトンチュは怠慢の謗りを免れないであろう。
スポンサーサイト



<< 奄美諸島・伊江島で「自治」を考える | ホーム | 西浜楢和さんの沖縄戦についてのコラム① >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP