FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の今後 風土と文化生かす「自治」を

琉球の今後 風土と文化生かす「自治」を

                            (朝日新聞朝刊「異見新言」2007年9月8日)

                                     松島泰勝



今年は沖縄諸島、宮古・八重山諸島が日本に「復帰」して35年目になる。日本政府はこの間、格差是正や経済自立の目標を掲げ、「沖縄振興開発計画」を策定し、開発政策を進めてきた。

その結果、琉球は自立を達成したのだろうか。現在には公的支出金や振興開発、各種の優遇措置などの諸制度に依存する状態に陥っている。「南国の自然」や「のんびりした生活」が観光資源となり、リゾート開発や公共事業により自然が破壊され、固有の文化が商品化された。

「癒しの島」か

現実の琉球は「癒しの島」などではない。開発によって都市化が進み、時間に追われ、街は渋滞する。倒産・失業によりストレスがたまり、自殺者も少なくない。失業者の大半は若者だ。

米軍基地は日米同盟にとって不可欠とされるが、琉球から見れば、代償として巨額の振興開発資金がニンジンのようにぶらさげられている。米軍人による事件・事故は後を絶たないが、日本政府はカネで解決しようとし、琉球人は尊厳を傷つけられてきた。

開発も基地も、琉球の自立を生むどころか、かえって遠ざけているのだ。

琉球では日本国からの「独立」が時として熱く論じられる。だが、以上のような問題は、独立したからといって解決するわけではない。日本本土との経済的なつながり(あるいは「依存」)は、単純な独立論の前に大きく立ちはだかるだろう。

遠い未来の独立に期待し続けるよりも、いま生きている人たちの自覚と行動によって、現実的な変革が可能ではないか。私はこれを琉球の「自治」と名付けたい。

この「自治」は、地方自治などの、通常使われる自治とは異なる。一般に自治は、行政や専門家などが中心になり、経費削減による財政収支の均衡化や数値目標の達成などをめぐって論じられる傾向がある。

しかし、私が考える「自治」は、住民一人一人が中心的な担い手であり、財政の均衡化は手段ではあっても目的ではない。法制度や行政、財政の問題はもちろん重要だが、それよりも、風土や文化に根ざした住民の目覚めと実践こそが、「自治」の土台となる。

空想的だろうか。過去を見てほしい。琉球の人々は数百年にわたって「自治」を営んできた。その営みは風土と歴史に根ざした、現実的なものだったのだ。琉球では、サンゴ礁含む島の自然が人の生存を保障し、「ゆいまーる」とよばれる相互扶助の暮らし方、そして島独自の信仰や祭りが生活を安定化してきた。

ここにあるのは、他者に見せて貨幣を得るためのものではなく、自らの力で生きるための文化や自然である。基地や補助金がなくても、琉球人は島々で長い間暮らしてきた。いまもそうしたものに従属せず、心身に備わる人間の力を全開させながら生きている人々がいる。

琉球の「自治」は、人々の生き方や生活史、人間関係、精神世界、生態系なども含む、地域社会の全体性が議論の対象となろう。

まず地域を動かせ

サンゴ礁を埋め立て、島をコンクリートやアスファルトで覆うという開発モデルは、再検討すべきだ。島や海が与えてくれる自然の恵みをじかに享受できる環境を守り育て、「ゆいまーる」がさらに広がれば、たとえ所得が少なくても貧困を感じることなく生活することができよう。

地域内で産物とカネを循環させ、地産地消をうながし、振興開発に頼らない経済の仕組みをつくる。公民館、共同売店、祭祀組織、郷友会、NPOなど、お互いに顔の見える地域組織への住民の参加と合意形成によって、地域を動かしていく。

個人、地縁血縁集団、村、島、そして琉球全体という各レベルにおいて、「自治」の実践を積み重ねる。琉球が一体になって日本政府による振興開発への誘いや基地の押し付けを拒否していく。

琉球には、かつて沖縄島の首里が中心となり宮古・八重山諸島、奄美諸島を侵略し支配した歴史がある。今後、それぞれの島で「自治」が強固のものとなり、島同士が対等な関係になったとき、「独立」を具体的に論じる機運も生まれて来よう。

いま私は、NPO法人「ゆいまーる琉球の自治」の申請を行なっている。この集いを通じて島々の「自治」の実践と思想について互いに学び励ましあい、将来はアジア太平洋の人々とも交流して「自治」の輪を拡げたい。

「自治」は世界の各地域が共有する希望だからである。

スポンサーサイト



<< 琉球の「自治」考 1 経済自立は先延ばし―振興策と基地がリンク | ホーム | 『沖縄島嶼経済史:一二世紀から現在まで』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


生態系

生態系での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。


 BLOG TOP