FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

昭和とは何であったのか


思想史をされている、子安宣邦先生より『昭和とは何であったのか―反哲学的読書論』藤原書店、2008年を送っていただきました。心より感謝申し上げます。

昨年、藤原書店より刊行された『環:今こそ、琉球の自治を』におきまして、私の『琉球の「自治」』について書いてくださったご文章が、新しい本にも収録されています。

構成は次の通りです。

序:反哲学的読書論
Ⅰ小説は歴史をどう語るのか―フィクションが反覆する”真実”

Ⅱアジア主義とは何であったのか―昭和日本の中国体験

Ⅲナショナリズムとは何か―死の哲学

Ⅳ沖縄問題とは何か―日米関係の戦前と戦後

結び:小田は其処にいつづけた

Ⅳは次のような節立てになっています。

10 太平洋よ心地よく眠れ―大阪毎日懸賞論文『五十年後の太平洋』
11 人が其処に住むこと―松島泰勝『琉球の「自治」』
12 沖縄にあるのは「青い海」だけではない―新崎盛暉他『沖縄修学旅行』

拙書に対するご論考も、イリイチの思想を軸にしながら、人が住むことの意味を問いつめて、
琉球のありようを考えたものであり、私自身も多くの示唆を受けました。


昨年、子安先生とお会いする機会がありましたが、非常に、穏やかであり、深い思想的
柱をお持ちの方であると感じました。


スポンサーサイト



<< 「おきなわの声」50周年記念誌祝賀会 | ホーム | 奄美諸島・伊江島で「自治」を考える >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP