FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

冷戦、ジェンダー、環太平洋(トランス・パシフィック)帝国主義の様相について


次のようなワークショップが同志社大学で開催されますので、お時間とご関心がありましたら、ぜひご参加ください。

ワークショップ「冷戦、ジェンダー、環太平洋(トランス・パシフィック)帝国主義の様相について」

<奄美-沖縄-琉球>研究コンソーシアム・ワークショップ


ハワイ大学から小碇美玲さんをお招きして、ワークショップを行います。戦後米国による沖縄統治を、トランス・パシフィックな広がりにおいて検討するという極めて重要なテーマです。こうした作業をとおして、沖縄から見出される統治権力とはいかなるものなのでしょうか。そこでは、一見政治とは認識されない領域が統治を担っているのではないでしょうか。冷戦を国家間の国際関係に還元しないためにも、沖縄をトランス・パシフィックな広がりのなかにおいて思考することは必要ではないでしょうか。またそれは、いかなるプロセスを統治からの解放といい、脱植民地化と呼ぶのかという問いとも重なるでしょう。ともに考えたいと思います。ぜひご参集ください。

日時 2014年6月24日(火曜日) 16時より

場所 同志社大学烏丸キャンパス志高館2階 SK289

報告者 小碇美玲(Women’s Studies University of Hawaii at Manoa)

テーマ 冷戦、ジェンダー、環太平洋(トランス・パシフィック)帝国主義の様相について:沖縄‒ハワイ間の「国際技術・文化交流」の動向を中心にして

内容の概要 冷戦期、ハワイ‒沖縄間において展開した国際技術協力・文化交流には目を見張らせるものがある。ハワイ州立大学および東西研究センターを拠点として進められた戦後沖縄の「近代化」のプロジェクトは、米国技術者・教育者の指導の下、農業、医療、看護、観光、都市計画等の知識・技術の移入に専心した。占領下沖縄を対象とした「国際開発」の事業は辺境の地であるハワイを冷戦外交の主要地へと変貌させただけではない。冷戦期における技術教育・交流は女性を対象とした家政学の指導にも力を注ぎ、またさらにハワイ在住の日系・沖縄系移民をもその渦中に巻き込みながら発展していった。今回のトークでは冷戦文化の「舞台裏の立役者」であるところの女性、移民、そして教育者の役割に光を当てつつ、米国軍事化の要塞であるハワイと沖縄の間で展開した「国際交流」の意義を検証し、太平洋という政治空間を舞台に繰り広げられた戦後沖縄支配の構造をジェンダーの視点より再考察する。
.
Copyright© The Amami-okinawa-ryukyu Research Center All Rights Reserved
スポンサーサイト

<< 青島の研究者との写真 | ホーム | インターナショナル・スクールとしての国子監 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP