FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カツ(魚垣)の復元

宮古毎日新聞の2008年6月25日の記事に魚垣復元の記事がありましたので、ご紹介します。石垣島白保でも魚垣が復元されました。伝統漁法の再生は、イノー文化を見直し、活かすことにもつながります。


二百年余前に、平良の狩俣東海岸の遠浅に造られたとされる原始的漁法の一つ、魚垣(方言名カツ)十基のうちムトゥ垣と呼ばれる一基がこのほど、ボランティアらによって復元された。

両手を広げたような形で全長が約六百㍍。過去の漁業史を知る上で貴重な文化遺産として注目されている。

宮古支庁農林水産整備課漁港水産班(仲間利夫班長)では、七月四日に予定している復元体験の参加者を募集している。

  魚垣は、狩俣住民らが一七七一(明和八)年の明和大津波以降に造ったものと推定されている。

大津波によって深い海域の海底から、遠浅に打ち上げられた大小無数の石を拾い集め、放射状に積んだ。その後、台風などに伴う激しい潮流で破壊され、原形を失ったとされる。

 潮の干満を利用した魚垣は、満潮時には水面下に隠れる。干潮時には干上がり、内側で泳いでいた魚が逃げ場を失い、袋網の役割を果たし一カ所に集まる。そこに待ち構えていた住民らが、素手で捕獲したと伝えられている。

 文献によると、狩俣海岸に沿って造られた魚垣は北から▽ヤリ垣▽イミンドゥ垣▽ウプシドゥ垣▽ナビ垣▽プカマー垣▽アラー垣▽パトゥ垣▽ムトゥ垣▽フナジ垣▽ウラ垣-の十基。今回復元されたムトゥ垣が最古とされ、残り九基は壊れたままとなっている。

 ボランティアで参加した仲間利夫さんは「復元した魚垣は、俣住民の協力を得て、子どもたちの学習の場に提供できるようにしたい」と文化継承を強調し「住民らが主体的になって、体験漁業の観光に役立ててほしい」と新たな観光業への取り組みを提言した。

 詳しい問い合わせは、同水産班(電話72・2365)まで。

スポンサーサイト



<< 民際学研究コースのご紹介 1 | ホーム | 岡部さん追悼コンサート8.16 摩文仁にて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP