FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

民際学研究コースのご紹介 1

現在、私が教育、研究している龍谷大学には、ユニークな大学院研究コースがありますので、皆様にご紹介したいと思います。

龍谷大学大学院経済学研究科は、1994年に日本の大学では初めてとなる「民際学研究コース」を設置し、新しい学問領域への積極的なアプローチを展開してきました。

民際学は現代社会の諸問題を、国家の枠組みを越えて形成された関係現象だと把握し、人びとの関係性から捉え、解決に取り組む当事者性を重視した学問です。

具体的には民族問題、開発問題、環境問題、言語問題、地域研究、平和研究、ジェンダー論、NGO論、生産技術、教育問題、宗教問題、医療問題等の既存の社会科学では扱うことが困難な諸問題を、民際学の手法で取り扱い、同時にそれらの諸問題の相関関係等についても共同研究を進めています。

院生は社会人を中心に各自の経験や生活に直結する課題を取り上げて、自らの研究に意欲的に取り組んできました。

その結果、多くの卒業生が研究機関のみならず、国内外のNGO団体、国連機関、政府機関、人権団体、在外公館などさまざまな分野で活躍しています。

市民社会が抱える、国境を越えて、複雑化する現代の諸問題を、当事者意識を持ちながら解決することができる担い手の養成を行うことを目的にしています。

私は、琉球列島、太平洋諸島を中心に研究をしていますが、本コースには、そのほかにもアフリカ、京都、大阪、中国等をフィールドとし、NPO,NGO、ジェンダーの専門家もいます。

 地域社会で実践されている、文化運動、環境保護運動、人権擁護活動、地域おこし等の諸活動に院生が参加し、市民運動における合意形成過程、政策立案・実施過程、問題解決過程等を院生自身が自らの体験を通して学ぶことを可能にしています。

 NGO、NPO、行政、企業等における活動に院生が関わり、個別具体的な諸問題への対応能力、新プロジェクトの企画立案・実行能力等を培い、高度なマネジメント能力を有する市民社会の担い手を養成することも目的にしています。

 本コースでは社会人の入学者が多く、社会現場から1年修了修士課程設置の要望が出されてきましたが、来年度から新たに、必要な科目を履修し、タームペーパーの提出による1年修了修士課程を設置する予定です。

民際学研究コースにおいて、多様な分野の方々と、琉球の自治について考え、実践できればと思います。
スポンサーサイト



<< 民際学研究コースのご案内 2 | ホーム | カツ(魚垣)の復元 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP