FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「平和の主体論」『平和研究』

日本平和学会の学会紀要『平和研究』が今月中に公刊されます。同紀要に私の「琉球の独立と平和」という論文も掲載されています。アマゾンでも購入できるようです。ご一読をお勧めします。

平和の主体論
日本平和学会 編
A5判 182ページ
本体 2,200円+税(2014年7月20日発売予定)
作品概要
暴力の正当化に抗う。見える/見えない暴力に立ち向かい,平和をつくり出すのは誰か? 一人ひとりの思考の営みを問う。
目次など
巻頭言 平和の主体になること・・・浪岡新太郎/舩田クラーセンさやか
● 依頼論文
1 平和の主体論
サバルタンとジェンダーの視点から・・・竹中千春
2 琉球の独立と平和・・・松島泰勝
3 人の国際移動とシティズンシップ
   平和構築の観点から・・・宮島喬

● 依頼論考
4 原子力災害から3年目をむかえて
   災害直後の社会状況と抗い・・・西﨑伸子

● 投稿論文
5 「平和的生存」をつくる学習
   幡多地域における教育実践に着目して・・・阿知良洋平
6 平和の主体としての消費者市民社会
   コンゴの紛争鉱物取引規制をめぐって・・・華井和代

●書評
芸術と平和の解釈学・・・佐藤壮広
   (奥本京子著『平和ワークにおける芸術アプローチの可能性――ガルトゥングによる朗読劇 Hoʼo Pono Pono: Pax Pacifica からの考察』法律文化社 2012年3月)
「共に生きる」こと――他者と出会い,「あたりまえ」を疑う・・・稲垣聖子
   (モハメド・オマル・アブディン『わが盲想』ポプラ社 2013年5月)

日本平和学会の研究会活動・・・日本平和学会事務局

SUMMARY

あとがき――編集後記にかえて・・・舩田クラーセンさやか/浪岡新太郎

日本平和学会設立趣意書

日本平和学会第21期役員

日本平和学会会則
スポンサーサイト

<< 「米軍基地と開発政治から考える琉球(沖縄)の構造的差別問題」 | ホーム | 地域と越境: 「共生」の社会経済史 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP