FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

民際学研究コースのご案内 2

民際学研究コースは、民際学の手法に基づき、地域住民が抱える様々な諸問題に対して、実践的で多様な思考能力、問題解決能力、政策提言・実行能力、ファシリテーター能力を有する市民社会の担い手を養成することを目標において運営されています。

民際学研究コースは次のような特徴をもっています。

[1]多様な専門授業科目の体系的履修

現在の複雑化した地域社会の課題に対しては、特定の専門分野だけからの対応では十分とはいえません。

民族問題、開発問題、環境問題、言語問題、地域研究、平和研究、ジェンダー論、NGO論、生産技術、教育問題、宗教問題、医療問題等の分野に係る授業を、学生の関心分野に合わせ、ケースメソッドに重点をおきながら体系的に履修することにより、諸問題に対して多角的な視点から分析し、有効な政策を提言し、政策を実行に移す能力の向上を目指します。

[2]社会人院生の履修環境の整備

 社会人にも履修しやすい制度・環境の整備を行います。

2009年度より、通常の2年コースとともに、1年で修了可能なコースワーク型の授業を行います。また本学では、e-learningの環境が整備されており、インターネットを活用した演習指導、共同研究会を実施する予定です。

日本各地で働く社会人、国外に滞在している海外青年協力隊員等、国内外の社会人も本コースにおいて就学できる環境を整備する予定です。

1年修了コース、2年修了コース別に履修ガイダンスを行い、適切な履修指導を実施します。

[3]個別指導と集団指導による論文作成の支援

 本研究科における修士論文作成指導は、指導教員による個別指導とコース全体による集団指導を組み合わせた効果的な指導を行っています。

指導方針を教員相互で議論するほか、指導教員、副指導教員を配置し、年2回の合同演習における中間報告、集団指導によって学生は論文作成を効果的に行うことが可能になっています。

[4]現場と理論をつなぐ教育手法の展開

 現場と理論をつなぐ教育・研究体制も本コースの特徴です。

地域社会で発生している諸問題の原因を分析し、その解決策を地域住民と対話しながら明らかにしていくことができる担い手の養成を本コースでは目的としていることから、地域社会と大学との関係強化に重点をおいてきました。

また他大学大学院との合同授業、合同調査、合同研究会を行うことで、他地域の大学研究者、院生、市民社会のリーダー等との交流を深め、多様なケーススタディに対応できる、応用能力を培うことができます。

本研究科においてはフィールドワークに関する授業、フィールドワークを踏まえた専門授業科目が用意されており、経済学部サービスラーニングセンターと協力しながら、現場と理論をつなぐ教育を実施していきます。

[5]ケーススタディを中心にした実践的授業の実施

市民社会のリーダーを講師等として大学に招き、集中講義等を実施する予定であり、学生は先進事例から、問題の分析・解決に至るまでの具体的な方法、組織内におけるファシリテーターとしての役割等を学ぶことができます。

それと同時に現場との関係性をも築くことが可能となり、卒業後の活動範囲も広がります。

他方、地域にとっても「即戦力」となり、政策提言能力を有する市民社会の担い手を得ることができます。

フィールドでの調査研究に重点をおくことで、地域社会の住民、院生、大学院を修了し地域で活躍する人々、教員との連携が強化され、より地域のニーズに応じた社会人を育てることが可能となります。

多様な背景をもつ教員、院生、留学生が共同研究・教育の中で、先駆的実践事例や幅広い関連領域に関して討論中心の授業を行い、各自の視野を広げ、文献資料、教科書では学ぶことができない、応用可能な実践的思考能力、表現能力を培うことができます。

スポンサーサイト



<< 民際学研究コースのご案内 3 | ホーム | 民際学研究コースのご紹介 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP