FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論:琉球民族のマニフェスト』のご紹介

『琉球独立論:琉球民族のマニフェスト』のご紹介をさせていただきます。
是非、お読み下さい。

著者:松島泰勝
署名:『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』
出版社:バジリコ株式会社
2014年7月20日出版
1,800円(本体価格)+税

目次
はじめに
第一部 琉球小史
第一章 琉球王国の成り立ち
第二章 植民地となった近代琉球
第三章 戦時下の琉球と米軍統治時代
第四章 「復帰」という名の琉球再併合

第二部 なぜいま独立なのか
第五章 植民地の実態
第六章 琉球のナショナリズム
第七章 琉球独立論の系譜
第八章 琉球独立論は暴論か

第三部 琉球独立への道
第九章 骨くされ根性の克服
第一〇章日本および国際社会への訴求
第一一章多角的な国際関係構築による安全保障
第一二章琉球の未来
あとがき

内容紹介
なぜいま独立なのか! 琉球人教授が書き下ろした植民地琉球の歴史と現状、そして独立への道。 仮に、日本の安全保障の目玉が在琉米軍基地であるとして(それ自体私には幻想としか思えませんが)、なぜそれが琉球に集中せねばならないのか。なぜ、常に日本のリスクが琉球に集約されねばならないのか。補助金は、本当に琉球人を潤わせているのか。日本の人々は、他者の中に自己を投影して考えてみる、ということを一度くらい試みてみてもよいでしょう。 しかし、いずれにせよ琉球にとって、こうした中央政府対地方自治体という構図の中での議論は既に意味を持ちません。現在の課題は、同化するための差別撤廃というテーマから、独立するために構築すべき日本との関係性というテーマに移っているのです。(本文より)

出版社からのコメント
戦後69年、沖縄返還から42年。 沖縄にとって、戦争はまだ終わっていない! 琉球人教授が書き下ろした、植民地琉球の歴史と現状、そして独立への道!!


■松島 泰勝(まつしま やすかつ)
1963年沖縄県石垣市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。
専門は島嶼経済。在ハガッニャ(グァム)日本国総領事館専門調査員、在パラオ日本国大使館専門調査員、東海大学海洋学部助教授等を経て現在、龍谷大学経済学部教授。2007年「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」を立ち上げ代表を務める。2013年5月15日「琉球民族独立総合研究学会」の創立メンバーとして同学会共同代表就任。著書に『沖縄島嶼経済史−12世紀から現在まで』、『琉球の「自治」』(藤原書店)、『ミクロネシア−小さな島々の自立への挑戦』(早稲田大学出版部)、『琉球独立への道』(法律文化社)等がある。

<< 『琉球独立論』の書評 | ホーム | 琉球独立論の書評 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP