FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論』の書評

拙書に関する書評をご紹介します。


ナショナリズムとは、ナショナリストとは何かを考えてみる必要がある。

琉球はかつてれっきとした独立国であった。
1879年琉球処分によって沖縄県が誕生、
そのとき琉球は、日本の植民地になった。
というのが本書の主張である。

薩摩藩の配下にあった時も、中国に朝貢し続けた琉球は独立国の体面を保っていた。

琉球独立を唱える著者たちはいわば“本物の”ナショナリスト、民族主義者である。
その証拠に彼らははっきりした反米である。
琉球を壊滅させたアメリカも、その盾とした日本も的である。

不思議なことに小泉純一郎氏や、安倍晋三はナショナリストの顔をしているが
親米である。これには矛盾があることが分かるだろう。

琉球ナショナリストとしてはアメリカの基地も要らない。
日本の補助金も要らない独立というのが主張である。

ところで、スコットランドが大英帝国からの独立を諮る
住民投票を2011年9月に行うことを本書ではじめて知った。
スポンサーサイト

<< 第 1 回『琉球独立論』読者会 | ホーム | 『琉球独立論:琉球民族のマニフェスト』のご紹介 >>


コメント

沖縄だから琉球(独立型文化立国)までなれる!

背景的な違いもあって、スコットランドや英国全体的な心情はかなり複雑。
しかし、英国は大人の国。

しかし、沖縄だからなりふり構わず独自文化圏を創造出来る!

馬鹿にされるのは、ほかの人々が、馬鹿になれないからである。

我々、琉球同胞は、同じ琉球人達の魂や精神力にに膿が溜まってしまっていくだけのこの現状を見て見ないふりしてはならない。
もう飽き飽きしたと言った方が正しい。

日本人は、自身のわだかまりを琉球に投影するのは早く止めて、自分達の本来の原点から、道を見出だすべき。

プライドを捨てた沖縄人達と一緒に思案顔しても何も解決しない。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP