FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論」の書評


【読書ノート】
『琉球独立論』松島泰勝著、バジリコ㈱2014年7月20日初版

辺野古をめぐる逼迫した情勢の中、今一度、琉球の歴史を振り返り、沖縄の運動の底流にある沖縄人の本音を知るために、必読ねがいたい。というよりも、この書は日本人が本来知るべき歴史的経緯をすべて網羅しているといっていい。さらに、現実の沖縄人の建前的な優しさの裏にある本質的な内面を率直に語ってくれている。
だからといって、いまさら日本人に向けて何かを問いかけているわけでもない。

独立論の系譜は長い歴史を持っているが、世代を超えて琉球に受け継がれる思想史も知ることが出来る。著者の松島泰勝さんは、八重山出身の経済学者であり、島嶼経済が専門である。南太平洋の島嶼地域をベースに研究し、沖縄の自立経済、外交などにも及ぶ具体的な分析に説得力がある。(これまでの独立論に経済学が導入されることはないように思う)

個人的な感想を述べれば、琉球の独立論には、さまざまな議論があり、その内容は一枚岩ではない。居酒屋独立論などは論外としても、琉球独立学会の設立をめぐる議論などは埒外の私には手の届かぬ話である。

(別に日本人のために書いているわけではないので当然だが)私の原点でいえば、新川さん、川満さん、岡本さん、仲里さんらがその系譜との出会いであったが、次世代の議論、例えば新城郁夫さんの批判に(この本で)数ページも挿入することの意味がわからない。

余計な話は以上。常々敬愛する松島さんが書き記してくれた独立論に心から感謝します。
スポンサーサイト

<< 『琉球独立論』への期待 | ホーム | 『ミクロネシアー小さな島々の自立への挑戦』の書評 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP