FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平恒次先生からの励ましの言葉

アメリカのイリノイ州にお住まいの、宮古島ご出身の平恒次先生から『琉球独立論』に関して、勇気づけられるメールを頂戴しました。平先生は、イリノイ大学で労働経済学を研究、教育されてきた世界的な経済学者です。小生の琉球独立論jは、先生が「復帰」前から独立を一貫して主張し、学問的に論じてこられたことに大変、刺激と勇気を頂いてきました。先生からの励ましのお言葉を心の支えとして 、これからも琉球独立論を研究し、実践していきたいと存じます。


御高著ありがたく頂戴いたしました。智仁勇兼備の見事な出来映えです。
おめでとうございます。

「琉球民族のマニフェスト」であるとともに、失礼を顧みず申しあげれば、
貴殿の「五十知命宣言」ともいえるのではないかと思います。重ねて
おめでとうございます。

同時に私自身の臆病な渡世が恥ずかしくなります。1950年代、ものを書き
始めたころ、沖縄がアメリカの「植民地」になったと、言おうとして言えな
かったことを鮮明に思い出します。「一番怖いことは、怖がることである」
とはよくいったものです。

御高著はセミナーや類似の勉強会などの原論テキストとしても最適であろう
と思います。これにアメリカ式”Readings"(いわば各論集)をつける、と
すれば何単位かに相当する教材ができることは間違いないでしょう。そのよ
うなコースを教えてみたいものです。(勿論、私にはもう出来ないことは解
っています。)
貴殿の一層の御活躍を期待するとともに、無敵の御健康を祈ります。
スポンサーサイト

<< 今日、琉球に帰国します。 | ホーム | 『琉球独立論』の書評 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP