FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島高校生の環境シンポジウム

7月28日の南海日日新聞に「奄美大島の高校生主催の環境シンポジウム」についての記事がありましたので、ご紹介します。 

前に所属していた大学の学生が「島おこし」に関する卒業論文を書き、その中で、大島高校の生徒にたいしてアンケート意識調査をしました。その卒業論文をよみ、奄美の高校生の意識の高さと、島に対する思いの深さに感動したことを覚えています。

島の自治の担い手として、若い人の力が特に重要であり、今回の取り組みも注目に値します。




県立大島高校で二十七日、「今の奄美の現状を知ろう」と題する生徒主催の環境シンポジウムが開かれた。

四人の三年生が奄美大島における環境教育の必要性と実態、ハブの活動から考察した奄美における地球温暖化の影響、赤土流出問題など環境をテーマにした調査結果を発表し、出席者からの質問に答えた。

生徒らは奄美の住民の環境に対する意識の低さを指摘するとともに、将来を担う高校生が現状を認識して自ら考えることの大切さを訴えた。

 亀澤玲奈さんがハブの活動と温暖化の影響、保あゆみさんが赤土流出問題、里真美さんが環境教育、佐東綾乃さんが昔の生活様式などから現代生活に応用できる事柄についてそれぞれ発表した。

 里さんは、奄美で暮らしていながら奄美の自然について正しい知識を持った高校生が少なかったというアンケート調査の結果を紹介し、環境教育の必要性を指摘。

龍郷町で行われている環境教育の内容を説明し、「将来は島に帰ってきて自分の手でこの島を守りたい」との決意を述べた。

 保さんは赤土流出によるサンゴへの影響などを説明した上で「高校生が奄美の現状を認識することで、奄美の将来が変わると思う」と述べた。

 次代を担う生徒らが環境問題に取り組んだことについて、出席者からは賞賛とともに高校生の参加者を増やすための提案やシンポジウムの継続開催を求める意見などが上がった。
スポンサーサイト



<< 「先祖は偉いな」宮古島で伝統漁法の体験 | ホーム | 民際学研究コースのご案内 4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP