FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「先祖は偉いな」宮古島で伝統漁法の体験

8月2日の宮古毎日新聞に、伝統漁業、魚垣への体験についての記事が掲載されていましたので、ご紹介します。
白保でも魚垣が再生され、今に生きる島人が島の記憶を共有する機会が生まれてきています。島の歴史を生の島から学んでいくことが自治の土台になると思います。



「地域の伝統文化にふれあおう」をテーマに、県宮古支庁(長濱政治支庁長)は一日午後、平良の狩俣東海岸の浅瀬で魚垣体験を行った。

大勢の子供から大人までが参加。狩俣中の生徒たちは、再現された先祖の魚垣(方言名カツ)を追体験し、潜らないで魚類が捕獲できる伝統漁法のすばらしさを実感した。

アバサー(ハリセンボン)数十匹など水揚げした。

 開会式で、長濱支庁長は「伝統漁法の魚垣を受け継いでください。けががないように楽しんでください」とあいさつ。

 魚垣は、ムトゥ垣と呼ばれる石造り。沖合側から岸に向かって両手を広げたような形状で、全長六百㍍。ほぼ中央に魚が移動する出口が一つあり、そこに網を仕掛けた。

 参加者らは長い棒を片手に、内側で横列に並び、仕掛けた網に魚を追い込んだ。網仕掛けには、アバサーのほかに、幼い魚のベラ、カタカス、アイゴ、ガーラ、ヤガラが入り、子どもたちは「大漁だ」と歓声を上げた。

 池間八恵さん(狩俣中三年)は「潜らないで魚を取る漁法は、初めての体験。魚垣を造った狩俣の先祖は、偉いなと思った」と話した。

 魚垣は、原始漁法の一つ。満潮時には水面下にあり、干潮時に現れる。 狩俣の先祖が造った魚垣は、東海岸に九基あったとされる。同支庁が七月四日、九基のうちの一基を再現していた。

スポンサーサイト



<< 島口の継承 | ホーム | 奄美大島高校生の環境シンポジウム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP