FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論』の書評

沖縄島在住の知人から『琉球独立論』の書評を頂戴しました。みーふぁいゆー。ご本人のご承認を得ましたので、公表させていただきます。



松島さん

 ご無沙汰しております。沖縄のooooooです。先日、『琉球独立論 琉球民族のマニフェスト』をご恵与いただきました。ありがとうございます。拝読いたしました。多くのことを考えさせられました。

 思想的な課題として論じられていた独立論を具体的な政治的選択肢として提示してみせたことが、松島さんへの歴史的な評価となるであろう、という思いを深めました。

 1997年の独立論談義(『激論・沖縄「独立」の可能性』)のおり、独立論の量的拡大について、質的停滞について、具体的な運動の欠如などが話題となりましたが、そのいずれの点に関しても、近年の松島さんのご活動は、状況を数十歩先に進めたというふうに感じます。

 反復帰論は、沖縄の自立という課題を、近代国家の次の段階で構想するというものだったと思います。その意味で、他の独立論と異なるものでした。

しかし、21世紀初頭の現在における国家の在り方が、近代国家の必須構成要素の多くを欠き、国家の在り方が多様化している中で、現実の政治的な行動として独立を勝ち取ることが、近代国家の次の段階を構想する思想的な課題にこたえることである、という感慨をいただきました。

今までの著書でもそうであったように、太平洋の小諸島の国家の在り方、EU域内での諸地域の事例を沖縄の独立の参照事例としてご提示いただくことで、そのような感慨をもちえたのだと思います。

 また、今回の著書で、独立論についての建設的な対話が重ねられ、理解が深められるであろうということが、読みとれました。新城郁夫氏との直接的な非難の応酬は一見して、建設的なものにはなっていないように見受けらます。

新城氏は、松島さんが国連などへの働きかけをつうじた先住民族という視座の有効性を提示したことを正面から受け止めて思考していないように感じられます。

私は、沖縄思想の課題は沖縄の自立であると思うのですが、民族という語りで、どれだけ沖縄の自立性を高めることができるのかを期待しているのですが、新城氏はその点を受け止め損なっています。

また、申し上げづらいのですが、第8章を読む限り、松島さんの方も、ファノンやスピバックなどポストコロニアル理論を学んだものが、新城氏のような観点で植民地及び沖縄を考察していることを分かっていながら、切り捨てるような議論をなさっています。

ポスコロ理論は大学院生の必読文献ですので、そのような人々を説得するには、かんで含めるような丁寧な説得が必要ではないかと感じました。しかし、とはいいつつも、今回の著書では、新城氏などをはじめとする人々を説得するような論の展開が多々読みとれました。

第二次世界大戦後に独立した国家と同じことを半世紀遅れで行うのではなく、21世紀の現在において行い、ポストコロニアルの課題に対峙しようとしていることが、「アフリカの教訓」のほか、他の個所からも伝わってきました。本書一読後、松島さんの著書が刊行されるたびに対話が重ねられ、議論が深められているように感じました。

 ご無礼な論評めいたメールですがご寛恕ください。率直な感想を申し伝えることが大切かと思ってのことです。本書が多くの読者を獲得し、人々の意識をよりよい未来へと進めることを念願しております。
スポンサーサイト

<< 琉球諸語復興運動の拡大 | ホーム | 国連人種差別撤廃委員会から日本政府へ勧告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP