FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島口の継承

7月30日の宮古毎日新聞に島の言葉大会についての記事がありましたので、お伝えします。琉球各地には島口(島の言葉)が生きており、八重山諸島などでも、島口大会などが開かれています。島の言葉によって、地域の思想、生き方、生きる自信を後世の者が受け継ぐことができると思います。



各地域に息づく方言を語り継ごうと第15回鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会(主催・宮古島市文化協会)が29日、マティダ市民劇場で開催された。

7人が出場しそれぞれの地域で語られる方言をユーモアたっぷりに披露した。

 会場を埋め尽くした聴衆は各弁士にくぎ付け、拍手喝采した。審査の結果「宮古方言は宝物」と訴えた池田健吉さん(64)が最優秀賞に輝いた。

優秀賞は砂川廣さん(72)が受賞し優良賞は砂川春美さん(56)だった。聴衆が選ぶ聴衆特別賞は池田さんが受賞した。

 大会に先立ち、市文化協会長の友利吉博大会長があいさつし、大会の意義を強調。「宮古方言を語り継ぐためにも出場者を途絶えさせてはいけない。今後も皆さんの協力をお願いしたい」と会場の市民に呼び掛けた。

 この後、出場7人が舞台に上がり、各地の方言を披露しながら熱弁を振るった。

 最優秀賞に輝いた池田さんは、ユーモアを交えながら宮古方言を後世に引き継ぐことの重要性を強調。

「宮古方言は世界に誇れる言葉だ。世界一の言葉を守り通さなければならない」と訴え、審査員から高い評価を得た。

 優秀賞の砂川廣さんは幼いころの思い出話を披露しながら今の宮古島についての持論を表現力豊かに展開。合併を取り上げた身振り手振りの発表に聴衆は大爆笑だった。

 優良賞の砂川春美さんは祖母との思い出を巧みに表現した。会場全体に響く流ちょうな城辺方言を披露して聴衆を魅了。

最後は「私を育ててくれたおばあの心を子や孫につないでいきたい」と話し聴衆を引き付けた。

 そのほかの弁士も各地域の方言を存分に披露。それぞれのユーモアあふれる語りに聴衆は終始大爆笑で宮古方言の魅力を堪能した。
スポンサーサイト



<< 不便な生活を楽しむ | ホーム | 「先祖は偉いな」宮古島で伝統漁法の体験 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP