FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

不便な生活を楽しむ

8月 9日の八重山毎日新聞に「ちょっと不便な生活を楽しむ」と題するコラムが掲載されていましたので、ご紹介します。
このまま、欲望のままに島を開発したら、島は滅びるとの危機感がわたしにはあります。
不便さを楽しむことが、島の豊かさを感じることにもつながるのだと思います。




島にも便利さが溢れている

現代は便利で物やサービス・情報があふれている社会だ。20世紀に達成した先進国の大量生産・消費の経済様式は八重山の小さな島々までその恩恵に浴する結果となったが、地球規模では地域格差や新たな問題が発生している。

ホテルのバイキング料理、レストランや宴会・売れ残り弁当の生ごみ・ワリバシなどの残骸が大量に発生、安い外国産商品の氾濫は国内の一次産業を衰退させ自然を破壊している。

 コンビニ・スーパー・ファストフード店・居酒屋の深夜営業、最近では24時間営業店も加わり、欲しいものは我慢することなくいつでも簡単に手に入る便利な社会となった。

自動販売機は島中ところかまわず設置され、深夜でも煌々と明かりを放っている。

 商品の過剰包装、大量に配られる折込チラシ、テレビやラジオのこれでもかといわんばかりのコマーシャル放送、道路わきの景観を阻害する大きな広告・看板、空港などで配られる無料パンフレット・情報誌などを通じ経済界は売らんがための知恵を駆使して消費者の購買意欲をあおっている。

■「もったいない」の心を

 人口5万人余の島々に延べ230万人の観光客が押し寄せ、1日あたり6400人の観光客が滞在し、県外の移住者も増え都市の生活スタイルが八重山に大きな影響を与え、同一化が進んでいる。

 しかし21世紀に入り、これらの消費スタイルにわずかながら変化の兆しが見え始めた。

大量生産、大量消費は便利さ、快適さを実現したが、自然や物つくりにかかわる人々への尊敬と感謝の念を失なわせ、「使い捨て」文化の増長、便利さの追求は地球環境への負荷を高め温暖化を加速しているという批判が多い。

2004年にノーベル平和賞を受賞した環境運動家・ケニヤ出身のワンガリ・マータイ女史は持続可能な開発と環境との調和を提唱し先進国の消費スタイルに警鐘を鳴らした。

 2005年に来日した際、日本古来の物つくりを大切にする言葉「もったいない」を知り、世界各地でもったいない運動を実践している。

 2005年には嘉田由紀子がもったいない運動を掲げ、新幹線新駅、ダム建設、廃棄物処分場建設の凍結を訴え滋賀県知事に当選した。

■ライトダウンに協力して
 世界中どこでもつながる多機能の携帯電話、24時間営業のコンビニ、酒やたばこまで売る自動販売機、手をかざしただけで自動的にお湯が出る生活、手を上げれば止まる流しのタクシーなどを実現した私たちだが、果たしてこれほどの便利さは必要不可欠なものだろうか。

携帯電話に頼り、会話によるコミュニケーションがとれず、わがままですぐキレる現代の若者たち。飲食店で深夜まで徘徊(はいかい)する大人たちが身の回りになんと多いことか。

 譲り合い、妥協し辛抱することや物を大切にする心を失い、汗を流して不便さ、不自由さを乗り越え物事を達成する喜び・感謝・感動が少なくなっていることは現代社会が失っているもので将来の大きな不安材料だ。

 端的に言えば飲酒運転、非行少年の横行、男性の長寿日本一からの転落など悪影響を与えている。婦人会などが中心となり盛んに取り組んだ「シンデレラタイム運動」は最近どうなっているのだろうか。

 おりしも今夜は「星まつり」が開催され全島ライトダウンが計画されている。

省エネに協力し、ちょっと不便かもしれないが、電灯をいっせいに消して織姫と彦星のロマンスの故事を家族とともに語り合うことは大切なことかもしれない。
スポンサーサイト



<< 失われゆく島の文化 | ホーム | 島口の継承 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP