FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

失われゆく島の文化

7月19日の八重山毎日新聞に「失われゆく島の文化」と題する社説が掲載されていましたので、ご紹介します。時代の流れの中で変わりゆく文化のありように警鐘をならす、島の新聞ならではの社説だと思います。何を我々は後世に残していけるのかが問われているのではないでしょうか。






比屋根勇追悼公演
 沖縄県指定無形文化財八重山古典民謡技能保持者比屋根勇氏の追悼公演があった。故人とかかわりのある人々によるものだが、あらためて見直したいくつかの芸能に出会うことができた。

公演は3つの要素で構成されており、1つは縁者による追悼芸、2つめはかかわりのあった実演家提供の舞踊、3つめは実際に共演したり指導を受けた者たちの芸である。

長男比屋根重雄氏を中心に行われた追悼芸は、単に肉親の絆(きずな)を示すにとどまらない世界があった。

2つめの舞踊は本盛秀八重山舞踊研究所の「与那覇節」、仲村米子関西琉球舞踊研究所の「柳」「鳩間節」、宇根由基子八重山舞踊研究所の「大本山崇び」である。いずれも、ゆるぎない力量を持った質の高いもので、心洗われる思いがした。

 3つめは「木挽ギ」、VTR「狂言」「昔アンガマ」である。「木挽ギ」は登野城に伝わる古謡をうたいながらの共同作業情景を舞台にしたものだが、出演者がひしめきあって繁雑(はんざつ)な印象を受けた。

 VTR「狂言」は方言文化の傑作で、「昔アンガマ」は素朴な中にきらりと光るものがあった。

■八重山の民俗文化
 ここでとりあげたいのはVTR「狂言」と「昔アンガマ」である。この2つの演目には現在接することのできない重要なものが内包されていて、時の流れによって消失した本物に触れる思いがするからである。

 かつて沖縄は皇民化教育のおしつけがあり、日本と一体化しなければという立場から方言をなくす運動を推進したことがある。よく沖縄文化の豊かさが語られる今日、方言札まで設けて教育の場から沖縄的なものを一掃しようとはかった当時のことが、ひきあいに出される。
 
八重山はあまり訛(なまり)がないこともあって、県内ではよい成績をあげていたといわれる。

そのことが拍車をかけ、方言が先細りしていった。近年島の言葉を大切にしようと方言大会が学校や公民館などで催されるようになったが、日常生活から消えた言葉はなかなか戻らない。

VTR「狂言」は比屋根勇、富永実彦両氏によるものであり、間髪を入れずに出てくる豊かな方言に終始圧倒される思いであった。筋立ては人間味にあふれ、展開も絶妙であった。

 いまひとつは「昔アンガマ」である。島の衣装を着け、簡単な仮面で顔をかくし、クバ笠姿の念仏集団アンガマは、まぎれもなく八重山のものだといえるものがあった。

昨今の浴衣に広帯、花笠に頬かむりをしてサングラスをし、脚絆、白足袋姿を見ていると、どうしてこのような変化をしたのかと思う。

 この「昔アンガマ」を古くから脈々と受け継がれた伝統としてとらえなおすことはできないのであろうか。

■風土と伝統
 伝統行事の中の祭祀を八重山は古くから大切に守り育ててきた。それがこのごろは本道をはずれ、横道にそれている感を強くする。

生活様式の複雑化やテンポの早い変化にあって、本来の意義を見失いつつあるということであろう。

何故に型をくずさず伝承してきたのかを問いつめることもなく、目先の利便性に安易にとびつく例などをみていると、その行事や伝統文化の内容をとらえているとは思えない。

 かつて命がけでとり行ってきた天恵への感謝儀礼に、村の中枢部がどこにでもあるような印半(しるしはん)てんを着用したり、奉納芸能を余興と呼んだりしていることはどうかと思う。

伝統にはある種の窮屈さはつきもので、その頑(かたく)なさが行事を支え、意義あらしめていることをいま一度認識しておきたい。
スポンサーサイト



<< 島の厳しい現実と自治 | ホーム | 不便な生活を楽しむ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP