FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島の厳しい現実と自治

6月7日の八重山毎日新聞に「ともに支え合う地域に」と題する社説が掲載されていましたので、ご紹介します。

石油価格上昇が離島経済や生活に大きな影響を与えています。生活苦に追い込まれた高齢者をサラ金業者が狙うという地獄図も石垣島でみられます。島の厳しい現実を見据えながら、それを乗り越えるためにも一人ひとりの自治的自覚と、協働の営みが重要であると考えます。





容赦ない物価高騰の波
 すさまじい値上げラッシュだ。原油高騰でガソリン価格は上昇し続け、物価に跳ね返る。賃金は上がらず、庶民の暮らしは苦しい。これでは旅行どころではない。生活を切りつめてしのぐだけで精いっぱいだ。

 観光が基幹産業となった八重山は、その影響をもろに受けている。昨年10月から観光客が減り、4月は台湾クルーズ船の寄港で統計的にプラスに転じたが、空路はマイナス。実質的に7カ月連続で減り続けているのだ。

 さらに子牛価格が暴落し、畜産農家は苦しんている。

建設業も資材高騰に悲鳴をあげ、生活物資の輸送に重要な役割を果たしている有村産業も運航を停止した。路線バスも竹富町内の離島定期航路も運賃が引き上げられる。

 物価上昇は、離島ほど大きい。都市圏のように市場競争で物価が抑制されることはない。輸送費は直接価格に上乗せされる。賃金水準は低く、年金頼りのお年寄りや障がい者はさらに厳しい。

■核家族化で生活環境変化
 八重山は人口の約3割が65歳以上の高齢者だ。農・水産業に従事していた人が多く、年金額は少ない。

やっとのことで、やりくりしている人々が大半だ。そのお年寄りにも、物価値上げの波は容赦なく襲いかかる。バス、タクシー運賃が上がれば身動きは取れない。

 高齢者を取り巻く環境は復帰後、核家族化が急速に進み、大きく変わっている。子どもと同居する世帯は減り、夫婦または1人暮らしの人が増えた。

 このため、中には子どもや周囲の人々とコミュニケーションがうまく取れず、消費者金融や悪質商法などの被害に遭う人も目立っている。

 生活に窮して誰にも相談できず、借金を重ねたり、人を疑わない素朴な人柄が悪質業者に狙われる。

県民生活センターへの相談件数(06年度)は石垣市で人口1000人当たり9.8人。県ワーストを記録、また竹富町も6.7人でワースト2と最悪だった。

 自然豊かな癒やしの島、長寿の島と言われながらも孤独死したり、万引など犯罪に手を染める人、自ら命を絶つ高齢者も増えている。

■サポート体制づくりを加速させよ
 八重山地区老人クラブ連合会は先の総会で事業計画に「高齢者相互支援活動」の強化を決定した。

 石垣市では、高齢者の生きがいづくりの趣味の活動などは他市町村に比べて充実している。市老人福祉センターを拠点に数多くのサークルがあり、バスでの送迎も行われている。

ボランティア団体もハッスルばあちゃんの会やあしながおばさんの会、うふだき会ほか数多くの高齢者ボランティア団体が郡内にある。

 05年には市社会福祉協議会のテコ入れで、新川地区地域福祉ネットワーク推進会が発足した。公民館や青年会、子ども会などの各団体を網らして要支援世帯を地域でサポートする組織で、台風前の声かけや対策など、民生委員と連携して活動を繰り広げている。

 ただ、お年寄りを取り巻く環境は急激に悪化しており、それに支援体制づくりが追いつかない。

 他県の自治体の中には、高齢者福祉課を設置して民間支援団体づくりや相談窓口を強化しているところもある。 地域が総力をあげて共に支え合うコミュニケーションづくりを加速させなければ、お年寄りの孤立感は増すばかりだ。高齢者問題にいま一度目を向けよう。
スポンサーサイト



<< 今日から琉球へ | ホーム | 失われゆく島の文化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP