FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球から帰ってきました

一昨日、琉球から帰ってきました。
昨日の沖縄タイムス文化欄で、私についての紹介文が掲載されていましたのでご紹介します。






松島泰勝さん
資本の暴力性研究へ

 約八カ月ぶりに石垣、西表、竹富島を訪れ、故郷の様子を目にした龍谷大学准教授の松島泰勝さん。「昨年見た時よりも新しいアパートやマンションが増えた。バブル状態だが、石垣では空き部屋も増えているという。資本の力の凄まじさを感じた」と話す。

 白保のサンゴの白化現象なども目の当たりにし、「五年前に見た白保の海とは大きな違いを感じた。開発は島と海とで一体化して進む。自然破壊の影響も深刻だ」と強調。

 「八重山のみならず、琉球の島に外部から資本が入るとどのように自己増殖するのか。それが自然や歴史、文化に与える影響を検証し、資本の暴力を自治の力で問い直す研究を行いたい」と意気込む。

スポンサーサイト



<< 琉球の島々にて―2008年夏 | ホーム | 今日から琉球へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP