FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球弧―詩・思想・状況』の紹介

現在申請中のNPO法人「ゆいまーる琉球の自治」の理事に就任されています、高良勉さんの『琉球弧―詩・思想・状況』を紹介したいと思います。

同書は1988年に海風社から出版されました。

同書には「島おこしと住民運動―琉球弧住民運動交流合宿から」と題する文章が収められていますが、次の文章を引用したいと思います。

「第三回、琉球弧住民運動交流合宿(代表呼びかけ人・安里清信、新崎盛暉)は西表島の西表区(祖納、星立)で七月二十五日から二泊三日間行われた。

「へだての海を、結びの海へ」を合言葉に始まった交流合宿は、第一回沖縄・金武湾からスタートし、第二回奄美・平田を経て、今回は八重山・西表島まで渡ったのである。(中略)

今回の合宿は表面化した闘争の現場で交流するというよりは、むしろ、住民運動や「島おこし」を支える生活、生産、文化の根っこのところで、島人と交流し、理解を深めあうことを主な目的にしていた。」(125ページ)

「交流集会では西表島から三人、石垣島、宮古島、奄美大島、徳之島から各々一人、そして金武湾を守る会や新崎盛暉氏から、各地の住民運動の現状が報告された。また在ヤマトの沖縄青年の運動から、西表郷友会、ゆううなの会、がじゅまるの会の活動報告があった。」(127ページ)

1970年代から80年代にかけて、琉球弧の島々において石油備蓄基地や核廃棄物施設等の建設計画が浮上しました。

上からの開発を拒否し、島々の文化、歴史、自然を土台とする生活を守りたいと願った人々が島々相互に訪問して、交流し、励ましあった運動を「琉球弧の住民運動」といいます。

高良さんはこの運動の事務局としてかかわっており、私自身も高良さんから運動の歴史や方法について伺った事があります。

今年、久高島からはじまった車座の「ゆいまーる琉球の自治」という集いも、琉球の島々で合宿をしながら、自治をめぐって地域社会が抱える問題を当事者同士で話し合い、お互いに学び、励ましあうことを目的にしています。

琉球弧の住民運動の歴史を踏まえて、琉球における自治、自立、開発、平和についてそれぞれの島に住む方が、「生活、生産、文化の根っこ」を共有しながら交流し、学びあう活動が継続できればと希望しています。

琉球の島々の周辺を黒潮が流れていますが、「へだての海を、結びの海へ」という合言葉は今も変わらないと思います。




スポンサーサイト



<< 琉球の「自治」考 2 「復帰」後の琉球経済―失敗した開発行政、基地永続への国庫投資 | ホーム | 琉球の「自治」考 1 経済自立は先延ばし―振興策と基地がリンク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP