FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論』の書評

『月刊琉球』に仲村渠克さんが『琉球独立論』の書評を書いて下さいました。みーふぁいゆー。勇気と励ましをもらいました。


経済学を専門とする著書は、伊波普〓が先導した「沖縄学」を踏まえ、「新琉球学」の確立を提唱している。歴史・政治経済・国際政治など幅広い領域を取り込み、総合知を深めて辿り着いたのが、「琉球独立論」だ。

これまで琉球独立を唱える書や雑誌は幾つかあったが、松島氏によって独立論は「空想から科学へ」と、新たな段階に入った。その著者が「独立を絵空事だと考える人々と論争を巻き起こす」べく、世に送り出したのが、この本だ。

石垣島で生まれ、南大東・与那国・沖縄島で育ち、東京で大学・大学院を卒業。外務省職員としてグアム・パラオで働き、太平洋の島々を調査で駆け巡った。東京・静岡・京都・滋賀で学者として実績を重ね、日本各地の運動体とも交流を続けてきた。

島嶼の暮らしを肌感覚で知るだけに、内発的発展論・島嶼経済学では第一人者。かつ、グアムやスコットランドなど世界各地の独立運動の研究者だ。沖縄よりも面積が小さく、人口の少ない島が独立を達成した事例を数多く紹介している。

独立論に懐疑的な学者らが、松島の立論を突き崩すつもりで解読を試みても、他人の著書を漁って論文をまとめるタイプの学者は、松島氏のフィールドワークに裏付けられた論の前では、口をつぐむしかない。

半可通の経済学者は、レギュラシオン理論を率い、フランスのミッテラン元大統領の政策顧問も務めたロベール・

ボワイエ氏が沖縄を訪れ、松島氏と議論したことを読み、腰が引けたはずだ。

歴史学者や社会学者は、そのボワイエが、フェルナン・ブローデルの名著「地中海」を引用しながら、「琉球経済を危機的状況だと認識し、将来、琉球が東アジアの政治経済的なセンターになり得ること」を示したことに驚き、論争を避けるだろう。世界的泰斗二人の見識を咀嚼して、琉球・日本について語ることの困難さを知るからだ。

「独立論は机上の学問。リアルポリティクスの世界で理解を得られるはずはない」と批判する者もいるだろう。
しかし、独立が国際的に正当性を持つことを、国際法や国際人権規約、国連の先住民作業部会・脱植民地化委員会などでの先行例を示して、説明する。実際、国連の人種差別撤廃委員会は「琉球人は先住民族であり、自己決定権を持つ」ことを明示していて、独立論の正当性を裏書きしている。

独立琉球のイメージを、松島は「武力に依らず、日本や中国、アセアン諸国、太平洋島嶼国と平和条約を結び、経済関係を構築し、発展させる」と記す。

世界各地に住む琉球人とのネットワークを念頭に、「島嶼性からくる『規模の経済』の限界性を克服し、『範囲の経済』を実現する。固定的な領土・領域内で安住するのではなく、人間や組織ネットワークを地球上に縦横に展開し、世界各地と琉球を結合させていく、琉球型グローバリズム」を提唱する。想像の共同体・Ruykyuだ。

日本人にとって、肝要なのは次の指摘だ。「外国の軍隊を自国内に置いている日本は、真の主権国家ではない。琉球の置かれている状況は、アメリカの植民地である日本の植民地である琉球、まるでロシアのマトリョーシカ人形のような入れ子構造だ」

松島は、日本人にも真の独立を呼び掛けている。それに反して、武力に頼らない政策を訴える松島を夢想家と嘲笑するならば、その矢は自己に跳ね返ってくる。

なぜなら、憲法9条を掲げ、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、安全と生存を保持する」とした戦後日本の理念を否定することにつながるからだ。戦後レジームからの脱却、集団的自衛権行使が叫ばれる現在、良識ある者ならば、9条を放棄する愚かなことはしない。

第二次大戦後、世界各地と経済交易を図り、経済・技術支援で一定の評価を得てきた日本は、これからも世界各国と緊密な信頼関係を築いて、生きていくしかない。

つまるところ、琉球独立の豊かな可能性を切り開くということは、日本が生きていく未来を探ることと重なる。いたずらに独立論をあげつらっても、日本の未来の扉を塞ぐだけだろう。

松島は、日本にケンカを売っているわけでもなく、決別を告げたわけでもない。琉球と日本が手を携えて、共に生きていこうと、呼び掛けているのである。
(琉球文化研究所客員研究員)
スポンサーサイト

<< 『琉球独立論』朝日新聞書評 | ホーム | 平和と自由を希求するスコッツの強い意志 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP