FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

コメントの貴重なご意見のご紹介

本ブログのコメントで貴重なご意見を頂きましたので、ご紹介します。




こんにちは、現在の私たちとこれからの子供たちの将来に疑問感じています。逆風の中で、がんばっている姿をみて、感銘を受けています。
戦争が、政治の手段であることを理解すれば、現在の沖縄がどれだけ危険な位置にあるか判るとおもうのですが・・・

わったーがうまの事を決める時代が到来したんじゃないでしょうか?

小6の頃、那覇の米軍ハウジングエリアを金網越しにみました。泊小学校近くの友人と一緒に、彼の父親は当時、気象台に勤務してました。
広大な土地に整然と広がる米軍人の住宅と我々の住む住宅街の格差を理解できずにいましたが、今、返還されて
有数のオフィス街に変貌した変わりようを考えると、先人の考えた沖縄のあり方がおぼろげに見えたきがします。
>
沖縄にお越しになるとの事ですが、学生達に現状を見て、体験して、そして現地の声を聞かせて下さい。

「一人は皆の為に、皆は一人の為に」

これ見よがしに、こんな事を言う人がいますが、この発言は「皆」の側の意見です。

しかし、全体責任とか言って、結局「一人」だけが犠牲になってきました。

これからは、「一人」が声をあげて、自分を守る!

地球という有限な世界で、如何に共存しすばらしい未来を次世代に残すかは、我々の責務です。

その為に、

これからもご活躍期待しております。
スポンサーサイト



<< 今日、琉球に帰国します | ホーム | 文学と南(1) ―山之口貘生誕111年を語る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP