FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立論』の書評

拙書の書評が書かれています。「ブラックボードに義」さん、書評ありがとうございました。




松島泰勝氏が書かれた『琉球独立論―琉球民族のマニフェスト』、
帯に「なぜいま独立なのか?
琉球人教授が書き下ろした植民地琉球の歴史と現状、
そして独立への道」と書かれています。

目を見張る本でした。
今まで、日本の中の沖縄と見ていたのは間違いでした。
琉球人は「ひとつの民族」であり、
琉球民族は、「風土、文化、言語などを共有する、
つまり歴史を共有する共同体」であると書かれています。

その立場から、琉球の「小史」が、まず書かれています。
「琉球王国の成り立ち」
「植民地となった近代琉球」
「戦時下の琉球と米軍統治時代」
「『復帰』という名の琉球再併合」

そして、この「琉球史それ自体が『琉球独立』の最大の根拠となっています。
すなわち、琉球は固有の歴史を育んできたひとつの民族国家であること。
そして、薩摩藩の侵略から現在に至る近現代史は
琉球にとって苦難、災厄の歴史」
これらが「いずれも独立の根拠」と書かれています。

そして、現在、「琉球は日米の植民地」であると、その実態を、
「歴史的現実」「制度的現実」「軍事的現実」「経済的現実」「教育の現実」
から明らかにされます。
「つまり、琉球の置かれている状況は、
アメリカの植民地である日本の植民地である琉球」

「基地は依然として日米両政府によって押し付けられたままであり、
さらに辺野古に新たな基地が建設されようとしている。」
これを打ち破る道は、「独立を優先してしかる後
アメリカ軍に撤退を通告するという方法が、
琉球のリスクを回避するために現実的」と書かれています。

そして、松島泰勝氏は、「日本が真の意味での主権国家ではない」
と書かれています。その通りです。
治外法権のアメリカ軍とアメリカ軍基地を日本国内に置いている
という現実があるからです。日本もアメリカの植民地であるという現状。

「他国軍を自国から撤退させてこそ、
日本は真の独立国となれるはずです。」
だから、松島氏は、「琉球が独立することで
日本も本当の意味で独立することができるでしょう。」
と書かれています。

「琉球に基地を押し付けて自らは安全に暮らしたい、
国家の責務(基地負担を自ら引き受ける)を果たしたくない
日本人の無責任体質が今日まで続いています。」
と書かれていますが、日本人として、日本として、
これでいいのかと私たちに迫る本でもあります。

『琉球独立論』は、この「無責任体質」を打ち破り、
日本の対米従属的な現実と、
他方でのアジア蔑視と侵略に向かう日本の現状を
根底から変革していかねばならないと、日本人に迫っている本です。
また、この本は「第三部」で、「琉球独立への道」の
現実的方策についても、きちんと書かれています。
ぜひ、読んでみて下さい。
スポンサーサイト



<< ウェスリー上運天さんの講義 | ホーム | グアムの脱植民地化、脱軍事基地化運動から学ぶ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP