FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

目を開かれたウェスリーさんのお話

昨日のウェスリー上運天さんのご講義、私との個人的なお話の内容は大変、刺激的で深く考えさせられる内容でした。世界のウチナーンチュがどのように琉球文化を受容しているのかを映像で見た上で、基地問題、戦争等がなぜそこから欠落しているのかをご自身のアイデンティティ形成の体験を踏まえてはなされました。

世界のウチナーンチュ大会が開催されていますが、それが有する課題と問題点についての内在的で、具体的な指摘も目を見張るものがありました。世界のウチナーンチュ大会において、琉球人同士の横のネットワークよりも、国家の目的にそうシステム的管理や支配の欲望が存在するというご指摘は非常に重要だと思います。

またご自身が生まれたハワイ、カウアイ島でのご先祖がマブイを確立する過程のお話も大変、興味深かったです。ウェスリーさんが、学生の前で三線を弾き唄って下さったことは、学生は一生忘れないと思います。ウェスリーさんの生き様がそのまま音となって私たちのハートに響いてきました。

数年前に、西表島の石垣金星さんにも同じ授業で島の話しをしてもらい、三線を弾き、島の唄を唄ってもらいましたが、卒業した学生が今でもその時の感動を私に語ってくれます。
スポンサーサイト

<< 博多で貘と琉球独立を議論する | ホーム | 「山之口獏と琉球独立」そして博多 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP