FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

18年前の自分をみて脱植民地化に向けた意思が深まる

昨日、毎日新聞の林田さんから、今から18年前の1996年の同紙新聞記事の切り抜きを頂戴しました。林田さんが取材したもので、「「沖縄民族の自決権」北九州市でつどい、報告」と書かれています。私が33歳の頃のやせた写真も写っています。記事には次のように書かれている部分があります。

「松島さんは沖縄・石垣島出身で、現在、早稲田大学大学院に在籍。今年7月、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権小委員会の先住民作業部会に「沖縄民族」として初めて出席し、沖縄の歴史と現実を報告した。

松島さんは「今の沖縄は、環境問題を起こし人権を侵害する基地を押し付けられ、独自に発展する方法を与えられていない。作業部会では、日米政府には無視されたが、さまざまな先住民族から「抱えている問題や歴史が似ている」と共感を得られた」と話した。その上で、制度的、法的に自決権を認めさせるために国連で報告した狙いを語った」

18年前の自分を見て、自分が話したことを読んで、未だに基地が強制されている琉球の現実に慄然とするとともに、これからの脱植民地化、独立のための研究、実践に向けて改めて身の引き締まる思いがしました。
スポンサーサイト

<< ウェスリー上運天さんの次のような講演と演奏会:「ベイエリアの磁場」 | ホーム | 博多で貘と琉球独立を議論する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP