FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ウェスリー上運天さんの次のような講演と演奏会:「ベイエリアの磁場」

ウェスリー上運天さんの次のような講演と演奏会がありますので、お時間がありましたら、是非、ご参加下さい。



講演と演奏
「ベイエリアの磁場」
ウェスリー上運天(サンフランシスコ州立大)

サンフランシスコ湾を取り囲むサンフランシスコ、バークレー、オークランド、サンノゼのベイエリア一帯は、ゴールデン・ゲイト・ブリッジをくぐってやってきた移民たちの記憶の集積場であるとともに、1960年代の様々な社会運動がその記憶をさらにシャッフルし、人々を新たな連累させていった場所である。こうした運動の中にあって、大学や研究のありかたもまた問われ、エスニック・スタディーズが生まれた。またサンフランシスコのカストロは、ゲイ・ムーブメントをはじめLGBTの運動の中心地であり、さらにオークランドはブラック・パンサーズの拠点だった。そして今もベイエリアには、無数のNPOや社会運動がひしめいている。他方でベイエリア南部に位置するシリコンバーレーには、IT企業やインターネット企業が集中し、世界の富を支配する巨大資本の拠点にもなっている。またサクラメントにかけての北部には太平洋諸島からアジア一体を席巻する米軍基地が連なっている。
このベイエリアの磁場の中で、ウチナーンチュであるということとは、いかなることなのでしょうか。いかなる関係を生み出すことなのでしょうか。ベイエリアで、思考し続けているウェスリー上運天さんに、話をしてもらいます。

日時 10月28日(火曜日) 17時より 
場所 志高館SK289
(三線演奏あり、アイリッシュ・フルートとのコラボも)

主催 火曜会  <奄美―沖縄―琉球>研究センター
スポンサーサイト

<< 山原 で考える琉球独立 ~辺野古・高江から見える主権回復の必要性~ | ホーム | 18年前の自分をみて脱植民地化に向けた意思が深まる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP