FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『現代アフリカ経済論』

関西大学の北川先生から『現代アフリカ経済論』という論文集を頂戴いたしました。心よりお礼申し上げます。先生には、これまで独立や自立に関する学会、研究会、国際シンポ等に私が参加する機会を下さったり、関西大学でも「経済発展論」という授業を3〜4年ほど講義する機会を頂きました。頂いた本からもアフリカの経済を学ばさせてもらいたいと思います。



はしがき(北川勝彦/高橋基樹)
序 章 アフリカとはどのような大陸か(北川勝彦)
 1 地理と自然
 2 言語,民族,宗教
 3 自然環境と人間社会
 4 本書の構成

 第Ⅰ部 アフリカ経済と世界史
第1章 アフリカ経済の変遷と世界
    ――近代以前の歴史(北川勝彦)
 1 人類の生誕から文化革命まで
 2 古代のアフリカ
 3 初期キリスト教,イスラームの拡大,フリカ諸王国の興亡
 4 ヨーロッパとアフリカ
   ――奴隷貿易から合法的貿易へ
 コラム 非アフリカ世界におけるアフリカ産食糧作物

第2章 植民地支配とその遺制
    ――その現代への影響(北川勝彦)
 1 ヨーロッパによるアフリカの分割と植民地支配
 2 第二次世界大戦と脱植民地化への動き
 3 植民地遺制の現代アフリカ経済への影響
 コラム 植民地時代の開発
     ――東アフリカの落花生栽培

第3章 独立後の政治経済体制(武内進一)
 1 アフリカの政治と経済――独立後40年
 2 独立後の政治体制
 3 独立後の経済政策
 4 経済危機とその政治的要因
 5 構造調整から冷戦後へ
 コラム 人びとの腐敗への怒り(高橋基樹)

第4章 アフリカ経済の現状とその「質」(高橋基樹)
 1 アフリカ経済の変動
 2 アフリカの産業の推移と現状
 3 現代アフリカ経済の「質」と課題
 4 アフリカにおける経済と産業の発展のために
  コラム 女性の経済としてのアフリカ
 第Ⅱ部 経済のグローバル化とアフリカ

第5章 アフリカの産業と貿易の新展開(福西隆弘)
 1 貿易と経済成長
 2 アフリカ諸国の貿易構造
 3 貿易構造の問題
 4 貿易政策に関する議論
 コラム アフリカの中古品輸入

第6章 アフリカにおける企業と直接投資の進展(西浦昭雄)
 1 アフリカにおける企業
 2 アフリカの成長を牽引する外国投資
 3 アフリカ企業の成長と課題
 コラム 南アフリカ企業のアフリカ進出

第7章 アフリカにおける金融の役割(杉本喜美子)
 1 経済成長に不可欠な金融
 2 アフリカ金融の現状
 3 アフリカの為替制度の現状
 4 アフリカにおける金融の役割とその展望
 コラム 期待の役割
     ――「悪くなる!」と思うから悪くなる
第8章 アフリカ経済のグローバル化とリージョナル化(正木 響)
 1 「周縁化(周辺化)」を乗り越えて
 2 国境を越える人の動き
 3 アフリカ経済のリージョナル化
 4 グローバル経済への統合は可能か?
 5 アフリカ経済のグローバル化とリージョナル化
 コラム アフリカの地域経済共同体
 第Ⅲ部 社会の変容とアフリカ経済

第9章 アフリカにおける社会経済変動と人間の安全保障(岡野英之)
 1 アフリカの社会経済変動と人口増加
 2 アフリカにおける人間開発の推移
 3 アフリカにおける武力紛争の展開
 4 アフリカにおける人間の安全保障の将来
 コラム 民族アイデンティティの流動性と多重性

第10章 アフリカとイスラーム経済(土屋一樹)
 1 アフリカとイスラーム
 2 イスラームと経済
 3 アフリカにおけるイスラーム経済の展開
 4 グローバル化とイスラーム経済
 コラム 夜は賑やかなラマダーン

第11章 アフリカと民主化の新展開(岩田拓夫)
 1 国際情勢の変化とアフリカ政治の歩み
 2 民主化論の変遷
 3 選挙と民主化
 4 分岐点にあるアフリカの民主化
 コラム 民主化の幕を開けた国民会議

第12章 アフリカに対する開発援助の変遷(高橋基樹)
 1 独立後のアフリカの開発と援助
 2 構造調整政策と新しい援助関係の展開
 3 貧困削減の時代
 4 アフリカ援助の課題と展望
 コラム 本当は恐い「贈り物」としての援助

終 章 アフリカ経済の包摂的な開発に向けて(高橋基樹)
 1 現代アフリカ国家の特徴
 2 21世紀におけるアフリカの国家と経済
 3 国家と国民の民主的共益関係の構築に向けて
スポンサーサイト

<< ジュンク堂書店那覇 沖縄県産本週間ランキングで拙書が第2位にランクされました | ホーム | グアムと強く結びつく琉球 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP