FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「琉球独立論」熱く~龍谷大教授・松島泰勝さん(林田英明)

この記事は、小倉タイムスという新聞と、レイバーネットという労働者・労働問題に関するインターネットニュースサイトに掲載されましった。

毎日新聞の林田さんが取材して下さいました。感謝します。福岡の皆さんと夜遅くまで色々と議論できてよかったです。



龍谷大教授、松島泰勝さん(51・写真)は沖縄県石垣島生まれ。7月に発刊された『琉球独立論』が全国紙の書評に大きく取り上げられるなど話題を呼ぶウチナンチューである。10月18日、「山之口貘と琉球独立論」と題した講演が筑紫女学園大の公開講座として福岡市であり、60人が参加した。

 親の仕事の関係で小さい頃は沖縄各地を転々とし、社会人となってからもパラオの日本大使館専門調査員やグアムの日本領事館専門調査員をした経験が現在の専門である島嶼(とうしょ)経済につながっている。

●反基地運動と連動

 つもる不満を酒の勢いで吐き出す「居酒屋独立論」との自嘲から、沖縄は現実問題として独立を語る時代になってきたのだろうか。松島さんは具体的な変化を身ぶり手ぶりを交えて熱く問う。3点を挙げた。 

 最初に、今夏スイスのジュネーブで開かれた国連人種差別撤廃委員会で発言した糸数慶子参院議員。彼女は琉装姿で名護市辺野古の新基地建設や東村高江でのヘリパッド建設中止を訴えた。沖縄の民意は8割が「辺野古ノー」という地元紙のアンケート結果が出ており、糸数氏は先住民族の立場から沖縄への差別と人権無視に言及したのだ。

 次に、独立運動と反基地運動が連動しているという点。今なお日本における米軍基地の74%が沖縄に集中する異常な現実は、国土の3分の1が米軍基地となっている観光の島、グアムと重なって見える。

 そして、太平洋の島々と結びついているという実感。沖縄の独立には経済基盤から順序立てるべきだという「常識」に反論する。なぜなら太平洋諸国は経済自立していない。松島さんは「人間としての誇り」を口にする。「しまくとぅば」と呼ばれる沖縄の島々で伝えられてきたそれぞれの言葉についても法制度として残すべきだとする。これは小学生時代に「方言札」をかけさせられた忘れがたい経験も影響していよう。標準語でなく島言葉を話せば、その木札を首にかけなければならない。外すには誰かが島言葉をしゃべるのを見つける必要がある。

 松島さんは9月、スコットランドに出かけ、独立の賛否を問う住民投票を取材した。「独立運動は、こうやるんだなあ」という実感が湧いたという。80年近い歴史があり、今回否決されても運動は続く。独立することで核兵器基地をなくそうとする思惑が沖縄と通底するとした。

●心が温まる貘の詩

 那覇出身の詩人、山之口貘については、終生、沖縄の心を忘れなかった心温まる詩が今も松島さんを引きつけてやまないようだった。講演中、貘の詩を数編、司会の松下博文・筑紫女学園大教授に朗読してもらってこう述べる。「現在の琉球を励まし、アイデンティティーを考えるうえでもなくてはならない。42年たっても植民地経済が続いており、復帰とは何だったのか」

 では、具体的にどう独立するのだろう。国連憲章、国際人権規約といった国際法に基づき、民族の自己決定権に従って�完全独立�パラオなどのような自由連合国�宗主国との対等な政治的地位(例えば自治州)――の中から民族が選ぶと解説する。

 松島さんは早稲田大大学院生時代の1996年、NGO「市民外交センター」の一員としてジュネーブでの国連人権小委員会の先住民作業部会に出席し、「沖縄民族」として沖縄の歴史と現状を報告した。その時も今も、日本政府の支配意識に変化はない。沖縄の置かれた現実を変えるには、松島さんが主張するように「一人一人が独立宣言する」気概も重要だろう。

●主権は琉球が持つ

 さらには「常識」を打破する、事実の積み上げと共通理解が大事になってくる。「沖縄が独立すると中国に占領される」という風説に対して、5月に北京大を訪れて研究者たちと意見を交わすと「チベットやウイグルと違って琉球の主権は琉球が持っている。中国の属領ではない」との回答が得られた。

 また、県民総所得に占める基地関係収入は5%でしかなく、基地が返還されれば軍雇用者9000人も民間に再雇用すればよい話だともいう。沖縄にこれまで投じられたカネは公共事業という形で大半が本土へ還流していった。米軍基地とそれを維持する日本政府の補助金政策はセットである。この腐敗を断ち切ったほうが沖縄経済を好循環させるのではないかという主張である。

 支配層の宣伝を暴く松島さんの実証主義と行動力は、人間としての独立を求め、出自のウチナンチューの心をたきつける。「琉球」という言葉を選ぶのも、「沖縄」が沖縄島という一つの島の名前だからという単純な意味合いだけでなく、1609年の薩摩藩侵略に始まる日本への帰属を意味する単語への忌避が強いからではなかろうか。

 「沖縄」は日本の縮図であり、「琉球」は民族の叫びである。18年ぶりに再会した松島さんは、風貌こそ変容していたが、熱情は昔のままだった。【林田英明】 (2014年11月1日「小倉タイムス」1933号より転載)

*写真=反基地運動と独立運動は連動していると語る松島泰勝さん
スポンサーサイト

<< 小倉タイムスに掲載されました | ホーム | ジュンク堂書店那覇 沖縄県産本週間ランキングで拙書が第2位にランクされました >>


コメント

中国に占領される?

 いつも興味深く読ませていただいています。琉球独立は琉球人の決めることで「日本人」が気軽に口を挟めることではありませんが、11月1日の記事に気になるところがあったので、投稿する気になりました。新聞記者がまとめた議論のようなので、松島さんのご意見とは違うかもしれませんが、「『琉球が独立すれば中国に占領される』という風説に対して・・・中国の学者たちに聞いて、中国の属領とは考えていないという言明が得られた」と書かれていました。私は、琉球が独立するということは、当然のこととしてどこの属領にもならないということであり、中国がどう考えようと、琉球は日本も含めたあらゆる国からの独立を目指すのであり、それを阻む国にはどこであろうと抵抗するということだと思っていましたが、いかがですか。上記の新聞記者のまとめでは、中国が属領と思っていないと言っているから占領されることはない、だいじょうぶだ、みたいに聞こえます。それに、歴史的に考えれば、「琉球が独立すれば中国に占領される」とは、まさに風説、デマの類だと思います。まず、その「風説」を論破しなければならないのではないですか。

Re: 中国に占領される?

琉球が独立したら、どこの属領にならないことは当然です。植民地から脱するために独立するのです。


>  いつも興味深く読ませていただいています。琉球独立は琉球人の決めることで「日本人」が気軽に口を挟めることではありませんが、11月1日の記事に気になるところがあったので、投稿する気になりました。新聞記者がまとめた議論のようなので、松島さんのご意見とは違うかもしれませんが、「『琉球が独立すれば中国に占領される』という風説に対して・・・中国の学者たちに聞いて、中国の属領とは考えていないという言明が得られた」と書かれていました。私は、琉球が独立するということは、当然のこととしてどこの属領にもならないということであり、中国がどう考えようと、琉球は日本も含めたあらゆる国からの独立を目指すのであり、それを阻む国にはどこであろうと抵抗するということだと思っていましたが、いかがですか。上記の新聞記者のまとめでは、中国が属領と思っていないと言っているから占領されることはない、だいじょうぶだ、みたいに聞こえます。それに、歴史的に考えれば、「琉球が独立すれば中国に占領される」とは、まさに風説、デマの類だと思います。まず、その「風説」を論破しなければならないのではないですか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP