FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

書評会、松島泰勝『琉球独立論』を読む

明日、次のような会が行われますので、お時間がありましたら、是非ご参加ください。拙書の書評会を開いて下さいまして、冨山さんにお礼申し上げます。また書評をして下さる方々にも感謝申し上げます。真摯に、真剣勝負で議論をしたいと思います。






第Ⅰ部 書評会、松島泰勝『琉球独立論』を読む
ポストコロニアル状況が端的に示すように、脱植民地化のプロセスは、独立国家で完結するものではありません。しかし、独立という政治を消し去ったところで脱植民地化が展開したこともありません。

新しい「帝国」内部における戦略枠組みや、国境を越えて散乱する社会を再構築する複数の試みを首肯した上でも、独立という政治は依然として存在するのです。また一般的で理念的な解説でもってこの独立を論じてはならないと思います。


独立は論壇的空間に配列されたオプションではなく、場に密着し経験や痕跡が、力として姿を現すプロセスとしてあるのでしょう。

『琉球独立論』。いま、私たち前にあるこの書は、極めて具体的に琉球独立のプログラムを提示しています。その具体性は、ただの解説にとどまっている諸理論や思想的議論が再出発する始点でもあるのでしょう。また、地理的区分を越えて連累する政治の可能性もまた、この具体においてこそ検討すべきだと考えます。

同書は宣言として書かれています。発話主体を新しく作り出す試みとしての宣言。この宣言において広がる地平を可能な限り確認したいと思います。こうした広がりは、まさしく同書を読むという行為においてこそ、なしえることだと信じています。

松島泰勝『琉球独立論』(バジリコ 2014年)を読みます!
発言者  喜山荘一、駒込武、小川正人、古波藏契
 司会   冨山一郎(著者の松島泰勝さんもいらっしゃいます!)

日時   11月8日(土曜) 12時半より
場所   同志社大学烏丸キャンパス志高館SK214
主催   同志社大学<奄美―沖縄―琉球>研究センター

第Ⅱ部 同志社大学<奄美―沖縄―琉球>研究センター設立パーティー
日時    11月8日(土曜) 17時より
場所    同志社大学烏丸キャンパス志高館SK214
⋆ おいしいドリンクとともに、ウェスリー上運天さんとJulie Keiko Bealさんの三線演奏(唄)を満喫! 
スポンサーサイト



<< 『琉球独立論』書評会で熱い議論が行なわれます | ホーム | ジュンク堂県産本売り上げ1位になりました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP