FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

珊瑚の密漁

8月31日の宮古毎日新聞に池間島海域での珊瑚の密猟の記事が掲載されていましたので、お伝えします。商品価値が見出された島の資源が奪われていきます。市場は日本列島である。





池間島船越の沿岸域で、枝サンゴなどの密漁が相次ぎ、住民らは、サンゴ礁生態系の破壊にショックを受けている。

住民は「密漁者らは夜、レンタカーで訪れ、潜水でサンゴを不法採取している」と憤っている。今後、夜間の監視パトロールを強化し、不審車両を発見した場合は、宮古島警察署や宮古島海上保安署、県宮古支庁に通報することにしている。

 今年6月の夜、住民男性が、船越海岸で本土出身の男性2人を見つけた。クーラーボックスを見ると、密漁したサンゴが入っていた。

男性は、密漁者が手に持っていた鉄製のもり状の道具を取り上げ「サンゴを取るのは違法」と厳重に注意した。

 道具の長さは102㌢で、最大直径8㌢。2人はレンタカーで訪れていた。

 密漁者らは、鉄製の道具を使って枝サンゴやテーブルサンゴなどの根元を壊して採取。サンゴは本土の熱帯魚販売店などへ送られ、鑑賞用サンゴとして販売されているという。

 密漁現場の海域を潜った男性は「小型のサンゴが多く発達し、今後大きな群体を形成するものと考えられる。密漁者は、小型サンゴを狙うと言われ、乱獲されるのではないか心配だ」と語った。

 県内のサンゴ採捕(採取)は、県漁業調整規則で原則禁止されている。違反した場合は、6ヵ月以下の懲役若しくは10万円以下の罰金。研究や移植目的の場合は、県の特別許可が必要。

 2003年、当時の平良海上保安署(現宮古島海上保安署)が、サンゴ密漁容疑で6人を摘発した事件があった。

スポンサーサイト



<< 明日からパラオ共和国に行きます | ホーム | 海浜の囲い込み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP