FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Okinawa is a Japanese Colony

私の「沖縄は日本の植民地である」という少し長い論考を英訳して下さった、金子エリカ様がお亡くなりになったと、先日、息子さんのマーティンさんから伺いました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。エリカさんとは、直接、面識はなかったのですが、米国からのメールを通じて、琉球に対する熱い思いを伺いました。台湾や琉球の島々で研究をされていました。英文のこの論文を読むたびに、エリカさんのことを思い出すと思います。心よりお礼申し上げます。本論文の続きは、イマダールのHPにリンクしてください。

Okinawa is a Japanese Colony
When CERD considered the Japanese government report during its 17th session in 2010, Okinawa was one of the issues most frequently focused on during the discussions. In its concluding observations, the Committee indicated its concern over the situation of Okinawa and included several recommendations to the government to address problems faced by Okinawan people. In this issue, we bring you an interesting essay about Okinawa by Dr. Yasukatsu Matsushima, Professor of Ryukoku University and the representative of civil group “Yuimarle Ryukyu no Jichi (autonomy of Ryukyu).”・・・・・・・・・・・・
“KAN” Quarterly for History, Environment, Civilization Vol. 43, Autumn 2010, pp.186-195. Yasukatsu Matsushima (translated by Erika Kaneko)
スポンサーサイト

<< 東京琉球館で行われた「松島泰勝「琉球独立」を語る」 | ホーム | 琉球独立論についての大田先生のインタビュー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP