FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオ共和国から帰ってきました

昨日、パラオ共和国から帰ってきました。
3年ぶりのパラオでしたが、日本の援助によるコロール州内の道路、米国の援助によるバベルダオブ島一周道路も完成していました。

コロール州内には、以前なかったホテル、アパート、店舗等も見えました。新首都であるマルキョク州にある新政府庁舎も見学しました。

その他、パラオ観光局、パラオ環境保護員会、日本大使館、JICAパラオ事務所、コロール州ごみ処分施設、ロックアイランド、クラゲ湖、マングブローブのカヤック下り、バベルダオブ島のジャングルツアー等に訪問し、多くの方にお世話になりました。

自然が豊富であり、サンゴや魚の種類も多かったです。自然保護区、各種の許可料の賦課、エコツーリズムに関する政策、パラオ人の自然を守ろうとする強い姿勢など、琉球の島々が学ぶべきことがパラオにはたくさんあると思います。

朝昼晩もパラオのレストラン、売店等に行き、ヤシガニ、マングローブガニ、カンクン炒め、チチムル茶、刺身、伊勢海老、タロイモ、キャッサバ、タピオカ、フルーツバット、ヤシの実ジュース等のパラオ料理を中心を美味しく食べました。

パラオに住んで40年以上の、久米島出身の国吉さんとも久しぶりにお会いしました。お元気そうで、学生たちとも楽しく懇談しました。

今回は持続可能な発展をテーマにパラオを学生たちと調査してきましたが、人口2万人の国において環境を守るための多くの試みを知ることができました。また開発にともなう問題も発生していました。来年は、米国からの援助金であるコンパクトマネーの提供が打ち切られる予定であり、財政資金が大きく減少します。

その中で国を運営していかなくてはならないという課題も抱えています。今年11月にパラオでは大統領選挙があり、街には立候補者のポスター、そして同時に実施される上院議員の候補者ポスターが目につきました。選挙事務所もいくつかありました。

大統領には4人が立候補しており、開発に対する方針、台湾との外交関係、財政政策等の違いが候補者間にあり、新しい大統領によってパラオのこれからの歩む道が大きく変わる可能性があります。

パラオでは国吉さんのほかに、大使館の中村大使や比嘉さん、IMPACの菅原さんご夫妻、ドラゴン亭の入慶田本百合子さん、大使館の廣瀬さんご夫妻、JICAの野田さん、カープレストランの岸川さん、パラオ環境保護協会のドクター・ミノル・ウエキさん、パラオ観光局のモリカワさん、コロール州ごみ処分場のバシリウスさん等にお世話になりました。心よりお礼申し上げます。

学生さん、職員さんもパラオについてしっかり学び、自然の豊かさを体感し、人の生きざまを知ることができたのではないかと思います。7日間の短い旅でしたが、多くのことを学ぶことができたのではないでしょうか。



スポンサーサイト



<< 琉球人派遣労働問題 | ホーム | 明日からパラオ共和国に行きます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP